龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

マードック大学マンスリーレポート

マードック大学

2017年8月号 国際文化学部 S.T 

レポート作成国際文化学部 S.T

①    余暇の過ごし方

人によっては、時間割り次第で授業の日数を週3日だけにすることも可能です。なので、授業の時間割りの都合がよければ一週間の中で十分に自分の時間を確保することができます。私は週に4日休みがあり、その休みで授業のための予習をしたり、フットサルをしたり、また友達と外食に出かけたりしています。フットサルはMelvilleというところにあるレクリエーションセンターで社会人チームに所属し、オーストラリア人の中に混じって一緒にフットサルをしています。そこは本格的にフットサルをやりたい人やサッカー経験者にとってはぜひ打ってつけの場所だと思うので、もし興味がある人がいればぜひ参加してみてほしいと思います。

また、友達と外食に行くときには、よくパースシティーのNorthbridgeの中にあるMustang Barというバーに行きます。そこでは$5のハンバーガーとお酒を飲むことができるので、比較的お金をかけずにお酒を楽しむことができます。また、そこはスポーツバーでもあるのでスポーツ観戦をしながらお酒を飲むことができます。他にもNorthbridgeには数多くのバーやクラブ、レストランもあるので外食をするにはいいところだと思います。ですが、夜のNorthbridgeはお酒に酔いつぶれて暴言を吐く人や突然暴れだす人、他にも様々な危険な場面を目にしたことがあるので、十分注意を払って休日を楽しんでほしいです。

 

②    パースでの無料の英会話レッスンについて

私が知る限りでは、パースでは英会話のレッスンをできる場所が2か所あります。一つ目は西オーストラリア大学にあるJapSSocというJapanese groupです。JapSSocは毎週水曜日の4時から6時の間で行われ、そこでは現地の日本語を勉強したい学生と、英語のスピーキングを練習したい日本人留学生がお互いの言語を教えあって会話の練習をしています。そこでは西オーストラリア大学の学生だけでなくカーティン大学やTAFEというオーストラリアの専門学校の学生なども参加しており、他の学校で勉強している学生と交流を持つこともできます。また、そこでの交流を通して他の学校の学生とも友達になり、その活動の後にみんなで晩ご飯を食べに行ったりもしています。JapSSocは自分の英語のスピーキングの練習の場所にもなり、マードック大学以外の人と友好関係を深めることができるとてもいい機会だと思います。授業の空きがあり、参加する機会があればぜひ行ってみてほしいと思います。

次はパースシティーにある教会が主催しているFree English and Bible Lessonです。そこでは火曜日、木曜日、金曜日のお昼頃から初級コース、中級コース、上級コースに分かれて英会話をレッスンしています。そこに集まる人たちの国籍と年齢は様々で、若者から年配の方まで参加されており、日本以外の国での文化や歴史などといった話を英語ですることもあります。そこでは、JapSSocとはまた違った体験をすることができるので、教会主催の英会話レッスンもぜひおすすめします。

これがパースシティー行われている英会話レッスンのスケジュールです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.