龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

マードック大学マンスリーレポート

マードック大学

2017年11月号 国際文化学部 S.T

レポート作成国際文化学部 S.T

①    この留学を振り返って

この留学を振り返って感じたことは、留学生活は自分自身の価値観を変え、自身を見つめ直す非常に意味のある時間になったということです。まず最も強く感じたことは、世界中の人が当たり前に英語を話し、生活をしているという点です。オーストラリアは多国籍社会で、世界中から様々な国籍の人が学業や就労の目的でオーストラリアに訪れています。私はこれまで一度も海外経験をしたことがなかったので、そのような人々が第二言語である英語を堪能に使いこなし、ネイティブスピーカーと対等に仕事をしたり、勉学に勤しむ光景はすごく衝撃的でした。これは私の考えですが、こっちにいる日本人は少なからず、日本人というバックグラウンドを利用して生活しているように感じます。ですが、他の国籍の人々は自分自身のバックグラウンドを利用せずに社会を渡り歩いているので、その部分に心から尊敬の念を抱きました。

次に私が感じたことは、留学前よりも人とコミュニケーションを取ることが好きになったということです。留学当初は、人と会話をすることに苦手意識を感じ、なかなかコミュニケーションを図ることができませんでした。ですが、自分から積極的に人に話しかけようとするようになってからは、人と会話をすることの楽しさを知り、その苦手意識も払拭されました。

私は卒業を二年遅らせて留学にきましたが、それでもとても有意義な時間を過ごすことができたと思います。なので、もし留学をすることに躊躇いを感じている人がいれば、私は積極的に留学することをおすすめしたいと思います。

 

②    帰国後どう留学経験を活かす予定か

私はこの留学経験を活かして、今後は日本に来ている留学生のサポート役を担いたいと思います。留学期間中、私は数多くの友人に留学生活を支えてもらいました。授業の履修登録から、授業のアサイメントのグラマーチェックやアサイメントの内容に関してのアドバイス、また銀行口座の開設のサポートや学生寮の手続きのサポートなど、様々な友人の支えがあって私の留学生活は成り立っていました。留学生活の初めは、不安やストレスで悩まされていたこともありましたが、その友人たちのサポートがあって、私は留学生活を実のある一年間にすることができました。なので、今後は私の留学経験を活かし、私自身が留学生のサポート役となり、日本に来ている留学生の支えになれるように頑張りたいと思います。

また、将来のキャリアとして、日本人の留学生を海外に派遣するサポートができる仕事に就きたいと考えています。そして、多くの人々に海外での生活を味わって、自分自身の価値観や自分自身を変えるきっかけを与えられるような留学サポートができるよう努力したいと思います。

最後に、このマードック大学での約1年間の留学生活を支えてくださった方々に深く感謝申し上げたいと思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.