龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

マードック大学マンスリーレポート

マードック大学

2015年11月号 経済学部 T.K

レポート作成経済学部 T.K

【この留学を振り返って】

この留学を振り返ると、来る前は長いと思っていた10カ月がこんなにも短いのものかと驚いています。また、数えきれないくらいたくさんの経験をしたと思います。言葉も文化も異なる中での生活や授業は、もちろんいつも楽しいわけではなく、悩んだり、苦労することもありました。特に課題やテストは本当に大変で、図書館で夜通し勉強したこともあります。しかし、そういった大変だった経験こそが、成長できた1番の理由だと思います。マードックは現地でも課題やテストが厳しいと聞きました。今ではそういった環境で勉強できたことがとても嬉しく感じます。マードックでの勉強は日本では決して得ることができないものばかりでした。たとえ日本で勉強したことのあるような授業でも、オーストラリアからの視点で新しい発見にたくさん出会いました。ここで尊敬できるたくさんの教授に出会い、世界中の友達をつくることができ、私自身、考え方が変わった面がすごく大きいと思います。日本に戻ってからでなければ、正直、どれくらい成長したのか、変化が大きかったのかは実感できないと思いますが、ここでの学びは本当に人生に影響を与えるようなものばかりでした。海外に出たからこそわかる日本もあり、また、自分がいかに周りに支えられているかも実感することができました。この留学を支えていただいたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

【帰国後どう留学経験を活かす予定か】

3月から就職活動が始まります。私も3月から始める予定なので、帰ってすぐにTOEICを受けます。もちろん、就職活動にこの留学経験を活かしていこうと考えていますが、この経験はそれだけでなく、これから日本で生活する中で、色々な面で関わっていくものだと思っています。どこでどのように関わってくるかは、正直あまりわかりませんが、自分自身の考え方が変わった以上、どこかで関わるものだと思います。また、日本に戻ってからも、英語力をできるだけ維持したいのと、よりグローバルな視点で物事を考えたいです。日本に帰る実感がまだなく、帰ってからのことも想像すらできない状態ですが、マードックで学んだことを忘れることはありません。日本人としての考え方も忘れずに、よりグローバルに視点を向けたいです。

Freo South Beach

Penguin Island

Road Trip down South

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.