龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

マードック大学マンスリーレポート

マードック大学

2013年3月号 国際文化学部 M.M

レポート作成国際文化学部 M.M

環境について

 

大学施設

大学の敷地はとても広く、図書館やスポーツジムを始め、銀行や書店、カフェやBARなどもあります。野生のウサギやクゥオンダという動物があちこちにいるので、初めは驚きました。毎週木曜日には大学内でマーケットが開かれ、ショッピングを楽しむこともできます。また大学内はFree WI-FIが飛んでいるので、無料でインターネットを使用することもできます。基本的に設備は充実しています。特に図書館には、24時間、休日も毎日解放されているスペースがあり、パソコンの使用もできるのでとても便利です。また、図書館にはStudent Learning Center というところがあり、エッセイのアドバスなど学習のサポートをしてくれます。更に、英語を第二言語とする学生のために、定期的にライティングやグラマー、スピーキングの講習も行っています。

大学のサービスの1つとしてセキュリティーサービスがあります。出かけて帰りが遅くなったとき、深夜に図書館から帰るときなど、電話をすればセキュリティーの人が来て、寮まで送り届けてくれます。マードックは治安が悪いところではありませんが、このサービスのおかげで、より安全な生活を送れるようになっていると思います。

 

寮 (Student Village)

Student VillageはNorthとSouthに分かれています。私はNorth Villageに住んでいますが、数年前にできた寮なので、基本的には部屋もキッチンやバスルームもきれいです。プールもあるので、暑い日には多くの学生が利用しています。ただ、週末などはパーティーをする学生が多く、少しうるさく感じることがあります。Student Villageに住んでいる学生には、毎週水曜・金曜にFreeの朝食サービスもあり、みんなで楽しく朝食をとることができます。また、毎週月曜日にはヨガ、木曜日にはズンバのレッスンを受けることもできます。私はこっちにきて初めてズンバを体験しましたが、とても楽しいのでよく参加しています。Student Villageでは定期的にBBQなどのイベントも開催されるので、より楽しく生活が送れています。

 

大学周辺

スーパーマーケットや雑貨店などは、大学から徒歩10分~15分(バスなら3~5分)ぐらいのところにあるので便利です。繁華街へはバスか電車を利用して行くことができます。フリーマントルへはバスで20分程度。週末には大きなマーケットが開かれ、安くフルーツや野菜を買うことができます。イベントが開かれることも多く、街並みもとてもきれいです。Perthシティーへは、バスと電車で45分程度。大きな街で、日本料理店も多くあります。

 

 

 

 

NORTHWEST TRIPについて

今月は先日参加してきたNorthwest Tripについてレポートしようと思います。マードック大学では各セメスターに3回、Study Breakという授業がない週があります。そのStudy Breakを利用し、交換留学生を対象にしたNorthwest Tripという、西オーストラリアを10日間かけ、キャンプをしながら旅をするというツアーが、年に4回開催されています。1度に参加できる人数は30名程度で、費用は食事や移動費全て込みで850$ほどかかります。「日本ではできない体験がしたい」と思い、このツアーに参加してきました。

 

 

 

移動について

10日間で合計60時間程度の、バスでの大移動です。バスの中では、寝ている人もいれば勉強している人もいます。Tripの期間中は基本6時起きなので、私はよく寝てました。移動が長いときは、みんなでゲームをしたり歌ったり、退屈することなくとても楽しい移動でした。定期的にトイレ休憩もあり、その際アイスやジュースを買うこともできます。

 

 

 

キャンプについて

2人で1つのテント共有し、寝るときは寝袋で寝ます。食事は、朝はパンとシリアル、昼はサンドイッチ、夜はBBQなどアウトドアな料理を楽しめます。みんなで一緒につくって、ワイワイ食べるのはとても楽しかったです。食事のあとはみんなでゲームをしたり、ビーチで遊んだり、星をみたり、とにかく楽しかったです。最後の夜はみんなでキャンプファイヤーや花火もしました。ただ、キャンプなので持っていったものは、服やかばんをはじめ、教科書などほとんど泥だらけになりました。あと、めちゃくちゃ虫にかまれます。

 

 

 

オススメの場所

10日間かけて、本当に多くの場所を訪れました。全て紹介しきれないので、私が特に良かったと思う場所を3か所紹介します。

Monkey Mia (Day3)

野生の動物が多く生息するビーチです。野生のイルカを間近で見たり、餌をあげたりすることができます。あんなに近くでイルカを見たのは初めてだったのでとても感激しました。また、WORLDLIFE TURE というクルージングに参加することもできます。野生のイルカやジュゴンをはじめ、サメやウミガメなど、多くの野生動物をみることができました。

 

 

CORAL BAY(Day4.5)

 

ここのビーチが一番きれいでした。特に夕日と星空が本当にきれいで忘れることができません。CARAL BAYでは、ビーチや海を楽しめるツアーを各自選んで参加することができます。私は野生のマンタと泳ぐことができ、2か所のポイントでシュノーケリングができるツアーに参加しました。私達が出会ったマンタは3~4mのマンタでした。水族館でマンタを見たことはありましたが、一緒に泳ぐという経験はもちろん初めてで、その大きさと泳ぐ姿に感激しました。またシュノーケリングをした場所は、想像を遥かに超える美しさで、別世界にいるようにさえ感じました。色とりどりの熱帯魚やサンゴ礁、野生のウミガメと泳げたことは、本当に良い経験になりました。マンタの他にも野生のジンベイザメと泳ぐことのできるツアーもありました。大きさは約7m~9mで、参加した友達は、人生で一番の経験になったと言っていました。

 

 

夕方にはSunset Tourというバイク(2人乗り)で海岸沿いを走りながら夕日を見るというツアーに参加しました。運転免許をもっていれば誰でもバイクを運転できます。私は運転に自信がなかったので後ろに乗っているだけでしたが、それでもかなり楽しめました。アップダウンの激しい道や急カーブをかなりのスピードで走るので、ジェットコースターなどが好きな人にはオススメです。途中みんなで海に飛び込んだり、夕日が沈むところを眺めたり、最高のツアーでした。

 

 

 

 

 

 

Karijini national park (Day6.7.8)

渓谷や滝がきれいな場所で、本当に壮大な自然を体験できます。「これが本当のオーストラリアか」というのが感想です。もちろん電気や水道はありません。ここでは途中泳いだりしながら、合計10kmぐらいのハイキングをしました。ハイキングといっても、舗装された道を進むわけではないので、崖を登ったり、川を渡ったりと、とてもアドベンチャーなものでした。気を抜くとこけるし、怪我もします。泳いだ場所では、みんなで滝にうたれたり、崖から飛び込んだりと、とても楽しかったです。8mぐらい高さから飛び込めるところもあり、かなりスリルがありました。水もきれいなので、すごく気持ちよかったです。

 

 

 

最後に

このツアーに参加して、本当に貴重な体験をすることができました。また、10日間一緒に過ごした友達とは、ツアーの後でもみんなで集まったりと、良い関係を築くことができました。新しい友人を作る良い機会にもなると思います。この記事を通して、留学を考えている人がオーストラリアに、マードック大学に行く人がNorthwest Tripに興味を持ってくれると嬉しいです。Northwest Tripはオーストラリアの大自然を体験できるいい機会なので、参加する価値は大いにあると思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.