龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

マードック大学マンスリーレポート

マードック大学

2013年11月号 国際文化学部 M.M

レポート作成国際文化学部 M.M

この1年を振り返って

この留学生活を通して、多くのことを学び、貴重な経験ができたと思います。楽しいことはもちろん、葛藤することも多く、中身の詰まった留学生活を送ることができたと感じています。

マードックでの大学生活を通して、現地の友人はもちろん、他にも多くの国の友人をつくることができました。人との出会いの大切さ、素晴らしさを気付かせてくれた友人たちには本当に感謝しています。彼らのおかげで、自分の意見をしっかり持ち、それを発信していくことの大切さや、どんな人にでもバリアをつくらず接することの大切も学ぶことができました。また、彼らとの交流のおかげで、価値観や考え方も大きく変わりました。以前より広い視野から物事を考えることができるようになったし、今まで当たり前だと思っていたことを、外の世界から見たことで、新たな考え方や興味を得ることもできました。今は以前よりもっと深く、自分の国について、また私自身のことについて考えることができるようになったと思います。この留学は、語学の面だけでなく、様々な面で私を成長させてくれたと感じています。

10ヵ月という長期間日本を離れたことで、自分がどれだけ周りに支えられているのかということに気づくことができました。慣れない環境で何も分からなかった私を助けてくれた友人たち、辛くなったときに遠くからでもいつも支えてくれた家族には、本当に感謝しています。また、長期留学という貴重な機会を与えてくれた大学、適切なアドバイスをしてくださった教授や大学関係者の方々にも感謝し、この留学で得たものを今後に活かしていきたいと思います。

 

 

帰国後どうこの留学経験を活かす予定なのか

この留学を通して、自分の英語力に足りない部分を多く見つけることが出来ました。帰国後は、その部分をカバーできるよう、英語学習を継続し、TOEICやTOEFLなどのスコアアップに繋げたいと思います。

また、この留学中に学んだことを将来英語教師になったときにぜひ活用したいと思っています。オーストラリアで教育について学び、また実際に現地の教育現場に参加したことで、今までよりももっと広い視野で教育について考えることができるようになったと思います。将来自分の生徒を持つことができたとき、今まで自分が見てきたもの、経験してきたことを伝えることを通して、彼らの興味を日本の外の世界にも広げさせること、また、少しでも生きた英語を教えることのできる教師になることが私の目標です。そのために、私自身今後もっともっと外の世界に視野を向けていきたいと思っています。

また、多くの国の友人ができたことで、彼らの国の文化や言語にも興味をもつことができました。今は、英語だけでなく、もっといろんな国の言語を学びたいと思っています。更に、この留学を通して、相手を理解するためには、相手の国の文化や歴史を知っていること、また、自分を理解してもらうためには、自分の国の文化や歴史について説明できるようにしておくことが大切だということに気付きました。今後は、今まで苦手でしたが、日本史や世界史についてももう一度勉強したいと思っています。そして、帰国後も国際交流を積極的に行っていきたいです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.