龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

マードック大学マンスリーレポート

マードック大学

2012年10月号 文学部 E.H

レポート作成文学部 H.E

*一年を振り返って

この1年を振り返ってみると、勉強にしても遊びにしてもとにかくがむしゃらにやってきたなと思います。勉強面では、初めての大学での講義やチュートリアルクラスでのディスカッション、とにかく初めは恐怖でした。先生が言ってる事が1回では聞き取れなかったので、家に帰って録音された講義を何回も聴いたり、ノートに要点をまとめたりして、授業についていくのに必死でした。英語でのエッセイの書き方も厳しく教えられ、慣れないアカデミック英語でのリサーチやライティングは本当に大変でした。現地の学生と授業を受けていく中で、自分がどれだけ知識がなく、日本に関する事さえまともに知らないという事に気づかされました。しかしそれがモチベーションとなり、もっと頑張ろうと思えました。また、外国に長期で住み、日本に興味のある学生と交流して行く中で、日本の素晴らしさにも気づけました。私たちより、彼らの方が日本の良いところをたくさん知っています。日本に居るときは気づけなかった事、当たり前が当たり前じゃなくなったときに、本当の価値を知る事ができると感じました。日本に興味のある友人との交流だけでなく、日本に興味のない友人とも交流しながら、もっと日本の良さを海外のみんなに知ってもらいたい、と強く思うようになりました。この留学生活で、自分がどうして留学してるのか、それを今後どう生かしたいかなど考える事ができたと思っています。そして辛い状況に陥ったときは、考え方を変えてプラスに考えるようにひたすらしていました。そういう風に考えることができるようになったのも、この留学で泣きそうになるほど追いつめられたからだと思います。大変という事は大きく変わるという事だと身をもって知りました。

この留学生活で授業の先生やサポートしてくれた教授、友人たちにたくさんの事を学び、異国の地で自分に向き合い、新しい事に挑戦し、とっても充実した一年だったと思います。英語面ではまだまだ完璧とは言えませんが自分の言いたい事は前より言えるようになり、ここに来たときよりは上達したと思っています。私はレストランでアルバイトもしていたので、英語で仕事をしたことはとても良い経験になり、自信にもなりました。やはり言葉は使わないと上達しません。交換留学に来たからと言って勝手にうまくなるはずがありません。そういう面でアルバイトはとても英語上達に役立ちました。これから留学する人へ、特にマードックは勉強量が多いし図書館で一人で勉強しなければいけない事が多いですが、時間のあるときはできるだけ友達とお茶したりして英語で話す機会を増やすと良いと思います。

 

*今後の予定、進路など

私は4回生なので、帰国したらすぐに就職活動を始める予定です。日本と海外をつなぐ仕事がしたいと考えており、日本の良さをもっと海外にアピールできる会社を探そうと思っています。まずTOEICとTOEIC SWを受けようと思っています。TOEIC SWはスピーキング、ライティング能力をアピールできるので受けてみようと思っています。希望する会社に採用していただけるよう、この留学で自分が学んだ事をもう一度整理しようと思います。学生生活では、ここでの友人が来年龍谷大学に交換留学にくるので、その子たちともずっと交流をしたいです。あたしがここで助けられたように、私も龍大に来る留学生と友達になってサポートできるところはしたいなと思っています。

交換留学生として私を派遣してくださった龍谷大学と受け入れてくれたマードック大学にとても感謝しています。このような貴重な経験ができて本当に幸せです。一生の財産になりました。本当にありがとうございました。

 

ロットネス島

My flat mate

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.