龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

マードック大学マンスリーレポート

マードック大学

2015年8月号 国際文化学部 A.J

レポート作成国際文化学部 J.A

①余暇の過ごし方

オーストラリアに来て、どのように余暇を過ごしているか書きたいと思います。日本にいた時は、自分の好きなことが音楽を聞くぐらいでした。しかし、オーストラリアに来て、自分で過ごす時間が増えたので、時間が空いた時は出来るだけ何かをして、学ぼうとしています。例えば、映画を見て、英語に触れつつ、分からない単語を勉強したり、その中に隠れてる文化や人の考え方にも注目しています。小説もたまに読んで、読書力をつけようとしています。また、いろんな国の料理を自分で作ってみたりしています。日本料理、中華料理、東南アジアの国の料理、western料理といろんな料理に挑戦しています。そして、study breakの時に、友達とroad tripや旅行して、いつもと違う景色をみて、刺激をもらい、そして、気を休めたりしています。本当にこれといった定まった余暇の過ごし方はないが、気分によって、時間によって、過ごし方を変えています。時と場合によって、いろんなことをするのは楽しいなと思います。

 

②科目ごとの様々な課題

セメスター2に入ってから、勉強が忙しいが、内容が興味深くなったとも言えます。私が取っている科目によって、前期と比べ課題の形も様々です。私が受けている marketingの授業では、case studyと言って、ある状況の問題の答えを出すために研究して、プレゼンテーションしました。研究のために色んなjounalsを読んで、それを文章にまとめます。そして、研究した内容をクラスで発表します。もちろん、専門的に発表するにはプレゼンテーションの練習も必要です。そして、Media Studyの授業では、peer-reviewed journalsと言って、その専門研究している研究者が認めた記事を読み、それを比較、研究するliturature review という課題がありました。また、Contemporary Cultureの授業では、学んだ概念を写真に適用するという普通のエッセイでした。私が日本で科目をクリアするにはほぼ同じスタイルの課題がでました。しかし、こちらでは、様々な課題の出方があり、何が問われているか、どのように答えるかが変わります。大変ですが、いろんなことが学べ、様々な形で自分の考えを表現するので楽しいです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.