龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ディーキン大学マンスリーレポート

ディーキン大学

2016年5月号 国際文化学部 T.K

レポート作成国際文化学部 T.K

①    治安、危険を感じたこと、トラブルについて

 

私は、現在Burwoodという街に住んでいるのですが、今のところ身の危険を感じたことは、ありません。メルボルンの中心街にもよく行きますが、危険に遭遇したことは、ないです。日本と比べても治安は、変わらないと思います。しかし、日本にも物騒な事件があるのと同じ様に、当然オーストラリアにも様々な危険が、潜んでいると思います。特に、私が居住しているメルボルンは、非常にインターナショナルな場所です。オーストラリア人だけでなく、多くの中国人、アラビア人、南米出身の人々、日本人を含むその他のアジア出身の人々が暮らしています。街を歩いていると、これらの人々が混ざり合って過ごしている様子を必ず目にします。多様性に富んでいるということは。それだけ文化や価値観が違う人々が同じ場所にいるということを、意味します。文化の相違から生じる、ちょっとした勘違いが大きなトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

直接な危険に遭遇してはいないのですが、様々な人種の人々が同じ場所にいるという経験は、日本では、ほとんどしないことなので、少し怖さを感じる時があります。

 

そして、夜は、一人で出歩かない方が危険を避けるために重要なことだと思います。

メルボルンの街は、昼は、とても明るく、陽気で、オシャレな、過ごしやすい素晴らしい場所なのですが、夜になると、姿を変えます。夜の街は、どこか殺伐としており、治安が悪くなる雰囲気を感じます。夜に外に出る時は、友人と一緒に行動するなど、一人でいることを避けることが必須だと思います。

 

②    メルボルンで人気のスポーツについて

私は、他のオーストラリアの州のスポーツ人気については、よくわからないのですが、メルボルンでは、群を抜いて人気のスポーツがあります。それは、Australian Foot Ball League(=AFL)と呼ばれるものです。Footyとも呼ばれます。サッカーとラグビーを混ぜ合わせたスポーツです。ルールは、すごく単純なので、オーストラリアに来るまでは、全くルールを知らなかった私ですが、今では、テレビ観戦をしていても、楽しむことができるようになりました。寮のルームメイトも、Footyをしており、一緒にテレビ観戦をしようと誘ってくれたり、ルールや選手について教えてくれたりします。メルボルンでは、子どもがよくFootyのボールを外で蹴ったりしています。

そして、つい先日、私が住んでいる寮が無料でAFLのチケットを配布してくれたので、実際にAFLの試合を観戦しにいきました。スタジアムは、すごく壮大で、躍動感があります。何より、選手のタックルやスーパープレイがテレビよりも、迫力満載で、とても楽しむことができました。不運なことに、その日は、雨がぱらついていたのですが、応援に来ているファンの方が多くおり、非常に盛り上がっていました。実際に観戦をしたことで、オーストラリアのFootyの人気がどれくらいすごいのか、人々がこのスポーツをどれだけ愛しているのかを垣間見ることができたような気がします。

AFLは、メルボルンに大きく根差した文化であるので、これからオーストラリア、特にメルボルンに留学を考えている方は、AFLについて調べてみることをお勧めします。留学する国の文化を知っておくことは、非常に大切なことだと思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.