龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2018年11月号 文学部 A.H

レポート作成文学部 A.H

治安、危険を感じたこと、トラブルについて

ジョプリンの治安はとても良いと思います。寮での生活、街に買い物に行くときなど、危険だと感じたことはありません。しかし夜に大学のジムに行ったり、図書館に行ったり、映画を見に行ったりしますが、1人で歩くことはありません。必ず2人以上で歩くようにしています。私は4人部屋の寮に住んでいますが、物が盗まれたことはありません。しかし、ルームメイトによっては勝手に物を盗む人もいるようです。私のアパートには自分の机に南京錠でロックのできる引き出しがあるので、貴重品はその引き出しにしまっておくことをおすすめします。図書館や食堂などで席をたつ時も、貴重品は持っていったほうがいいと思います。そして洗濯をするときは、衣類を放置せず、洗濯や乾燥が終わり次第すぐに衣類を回収しないと、誰かに盗まれる可能性があります。実際、洗濯物を盗まれた人がいます。

またルームメイトとの人間関係のトラブルも多々あります。こればかりはルームメイトによりますが、本当に気が合わない場合は寮を変えることができます。落とし物などをした場合は落とし物センターがありますが、返ってくる可能性は低いので、自己管理を徹底することが大切だと思います。

 

11月の過ごし方

11月は様々な行事がありました。まずはESLの授業を取っている人だけが参加できるESLトリップがありました。ブランソンにあるテーマパークに行きました。様々な年代の人が楽しめる場所で、沢山の人でにぎわっていました。11月21~25日はサンクスギビングという祝日があり、長めの休日がありました。旅行に行く人もいれば、フレンドシップファミリーや友達の家に滞在する人もいました。私は友達と一緒にミズーリ州の隣のアーカンソー州に遊びに行ったり、友達の家でサンクスギビングに食べる料理を食べながらだらだら過ごしたり、とにかくだらだら過ごしました。アーカンソーでは、日本食のバイキングに行きました。久しぶりにお寿司などの日本食を食べられて嬉しかったです。またショッピングモールに行って、買い物もしました。街並みがだんだんとクリスマスのデコレーションがされていて、とても綺麗でした。サンクスギビング中の金曜日はブラックフライデーと呼ばれており、とても商品が安くなります。ブラックフライデーはアメリカの新しい文化と言っていいほど、アメリカの文化になりつつあります。ブラックフライデーでは、普段の値段の半額で物が買えたりします。いつもより長い時間お店も営業しています。私は朝の6時から行く予定だったのですが寝坊して朝の6時にいくことが出来ませんでした。でも一日暇だったので9時から行きました。ショッピングモールはいつもよりにぎわっていました。店内は込み合っていて、お買い物がしづらかったです。いつもより安く買えて満足のいく買い物ができました。日本では体験できないアメリカの文化を体験することができてよかったです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.