龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2016年5月号 国際文化学部 A.M

レポート作成国際文化学部 A.M

①この留学を振り返って

一年前自分がジョプリンに本当に来られるなんて想像していませんでした。この約10カ月間の留学を通してたくさんの人と出会い、自分自身について考え、多くのストレスとも向き合いました。楽しいことも辛いことも多くありましたが、この留学は本当に充実していました。特に文化の違いで悩んだりしましたが、その違いを受け入れて楽しむ事も出来ました。異文化を受け入れ発信していく事は簡単ではないですが、学ぶ事も多くありました。私のアメリカ人の友達は自分がしたいことをすればいいんだよ、といつも言っていました。私が留学を通して学ぼうとしていたことは留学だけでは収まりきらない新しい出会いや価値観の違い、そしてアメリカは私に多くのチャンスを与えてくれました。見た目や文化で人を判断していた自分に気づかされ、日本人の私をまるでアメリカ人のように気軽に話しかけてくれ受け入れてくれた多くの友人や先生のおかげで自分自身も成長したのかなと思えます。留学に行ったらじぶんは変わると思っていましたが、本当は学ぼうとする姿勢やその生活の過程に自分自身を変える努力が隠れているんじゃないかなと思います。つまり、自分を変えようと努力するだけではなくて、違う環境で自分らしく自分をみつめて楽しむ事が大切なんじゃないかなと思えました。

アメリカでの学生生活は私にとって忘れられない思い出です。ここまで支えてくれた多くの友達と先生方、家族に感謝しています。

 

②帰国後留学をどう生かすか

私はこの留学で英語が更に好きになりました。日本でも今後英語の学習を進めていきたいと思います。また、今は就職活動が始まり、慣れないことも多いですが、留学で得た異文化理解やその過程が生かせればいいなと思います。まだ自分がやりたい事がはっきりとは見えていませんが、仕事を通してまたアメリカに戻って来たいと思えました。帰国後、大学内や町中に多くの海外の方を見かけるようになりました。これは本当にうれしく思います。話すきっかけや時間があればどんどん積極的に話しかけたいですし、私は人と話す事が好きなので、アメリカ滞在中に出会った友達とも連絡を取り、日本でも英語力をキープさせたいです。

 

 

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.