龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2016年12月号 国際文化学部A.O

レポート作成国際文化学部 A.O

<日本から持ってきてよかったもの>

・ノートパソコン パソコンを使って行う課題も結構あるのでノートパソコンは持ってきておくほうがいいかなと思います。図書館とSLCにもパソコンはありますが、全部英語設定です。ノートパソコンは結構持ち歩くのでリュックサックに入るくらいのコンパクトで軽いほうが便利かなと思います。

・保温下着 冬の気温はマイナスになることも多いです。現地で調達するのは結構難しかったり、値段が高かったりするので日本から持ってきておくほうがいいと思います。

・歯磨き粉 私は現地の歯磨き粉の味が苦手なので。

・青汁 カフェテリアのサラダの野菜が腐っていることが多く、野菜不足を防ぐために青汁を持ってきてよかったと思っています。

・SimFree携帯 wifi環境のみで生活できると思ってSIM解除をせずにアメリカに携帯を持ってきました。旅行の機会や、学校を出る事もしばしばあるのでその時は本当に困りました。なので、出発前にSim解除してくるほうがいいと思います。併せて、充電器も予備で持ってきておくほうが安心だと思います。学校のブックストアで買った充電器はちゃんと機能しませんでした。一番近いアップルストアは車で2時間半かかります。

・ボールペン 現地のボールペン、文房具の質が低いように感じる。

・酔い止め薬 日本では全く車酔いしなかったのになぜか現地では短時間車に乗っただけで車酔いすることがあります。私と同じような状況の日本人も結構います。薬はウォールマートでも買えますが日本から一応持ってきておいてもいいと思います。

<サンクスギビング>

11月23日から27日までサンクスギビング休暇でした。私はジョプリンに残ってサンクスギビングを楽しみました。現地の高校のミュージカルを見に行ったり、ホストファミリーの家でご飯を楽しんだりしました。ターキーが嫌いという人は結構いますが私はおいしくいただきました。3つの家族のサンクスギビングの食事に行きましたが、家族ごとにレシピや料理の種類が違いとても興味深かったです。どこの家庭でもサンクスギビングのディナーが終わるとクリスマスの飾り付けをしました。アメリカの秋から冬にかけてはウキウキする行事が続いてすてきだなと感じています。クリスマスの飾り付けも日本とはレベルが違うなと感じます。また、25日はブラックフライデーでした。私は帰国する時のために260$のスーツケースを44$で2つ、ネットで購入しました。ブラックフライデーは朝早くから並ばなくてもネットで購入できるようになっていて驚きました。私のルームメイトは雑貨屋で働いていて、ブラックフライデーの前後は睡眠時間を削って働いていました。また、ショッピングモールに買い物に行くといつもはほとんど人がいないのに、レジに1時間待つほど人であふれかえっていました。でも、本当に安くなっているので必要なものは早めから目をつけておくといいと思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.