龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2016年1月号 政策学部 T.M

レポート作成政策学部 T.M

①     試験について

僕は秋セメスターをすべてIEPの授業をとっていました。評価としては数週間に何度か行われる小テストと毎日毎回出される宿題、出席点、大きなテストとしては中間テストと期末テストがあります。試験は章事に小テストがあったりエッセイがあったりします。IEPの授業試験は、授業や先生によってその評価や比重は異なりますが、龍谷大学のように、定期試験や出席に占める点数の割合が特に大きいということがないです。中間テスト期末テスト小テスト毎日の宿題課題と出席。当たり前ですが、このすべてを怠らず、真面目にこなし授業をしっかり聞いていれば、小テストや試験のための勉強や時間はほぼ必要がないです。毎日が小さな試験ですね。

②     自由テーマ(冬休み)

寒いです。冬休みはとても長いです。アメリカ人のルームメートは試験が終わるとすぐに実家に帰ってしまいました。クリスマスぐらいになるとアメリカ人や学校の人、留学生も旅行や帰省でみんないなくなります。図書館やジム、食堂まで閉まります。とても寂しいです。僕はカリファルニアに行きました。ディズニーランドのアトラクション待ち時間でもサブウェイで注文の待ち時間でも観光中でもガソリンスタンドでも、とりあえず見知らぬいろいろなアメリカ人と話してみて感じたことは、出会ったすべての人がとても親切でした。外はとても寒いですが、心はとても温かくなりました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.