龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2016年1月号 国際文化学部 A.M

レポート作成国際文化学部 A.M

①試験について

MSSUでは、試験は中間、期末と2つに分かれており、内容はクラスによって異なります。

私は初めのセメスターでIEPのクラスを2つ、専攻学部の授業を2つ取っていました。

Readingのクラスでは、授業で習った事を活用しながら比較的短い文章を読んで問いに応えたり、Speakingのクラスでは評価方法が主にプレゼンテーションで、学部授業のGlobal healthのクラスでも試験の代わりにプレゼンテーションが2回ほど、international studiesのクラスでは選択問題、正解/不正解を問う問題、質問に対して短いエッセイを書く等のペーパー形式の試験でした。

どの試験も日ごろの課題や授業、出席等をこなしていれば、全体の成績に大きく影響する事はないと思いました。

私は試験期間中は毎日図書館にこもって勉強したり、クラスメートと勉強会を開いてわからないことを教えて貰っていました。ストレスを溜めすぎる事なく試験に挑めたと思います。

②自由テーマ:冬季休暇

試験が終了してすぐ、しばらくは寮にいたり友達と遊んでいましたが、クリスマスから日本人の友達と約3週間の旅行をしてきました。実際は旅行先で、韓国人の友達や日本人の友達と合流していましたが、私たちの計画はかなりのスケールで、Las vegas, California, Toronto, NY に行ってきました。正直本当に疲れましたが、充実した旅行でした。日本にはない景色や人、そして感動に出会える事が出来ました。特にNYは刺激的で、夢が溢れる街でした。

最も印象的だったのは人種の多様性と、その性格でした。同じアメリカ人でもNYの人は常に忙しそうでとにかく歩くのが速いという印象です。ここで止まったら置いていかれるような、前に進むしかない、そんな感覚がしました。ずっと憧れていたNYに自分の足で来ることが出来てかけがえのない思い出になったと共に、また此処に戻って来たいとさえ思えました。

そして、この旅行先と旅行前に、今まで一緒に過ごしてきた大切な友達との別れもあり、この旅行は大切な思い出となり、また、お互いの国での再会を心に誓いあいました。

約残り4カ月となったこの留学も自分にとってかけがえのないものになるように、最後まで楽しみたいと思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.