龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2016年3月号 経済学部 M.M

レポート作成経済学部 M.M

<現地の学生、友人について>

MSSUは留学生の受け入れを多く行っていることもあり、現地の学生は留学生に対して寛容であるように感じます。僕は大学内で人種差別やそれによる弊害を感じたことは一度もありません。加えて国際交流のイベントは頻繁に行われており、それらに進んで参加する学生も多いです。こちらの学生との交流や友達を作ることに不自由はないと感じます。

 

 

<お金の管理について>

これは人によって方法が違いますが、僕が個人的に便利だと思った事を記述致します。

留学において最も生活に関わる問題としてお金の管理方法があります。通常は日本からクレジットカードを持参してそれを使用するのですが、やはりアメリカと日本では使用する機械や銀行のシステムの違いがあることから度々トラブルが発生するようです。例えばお金が引き落とせない、カードが対応していない等です。更にトラブルが発生した場合には日本との時差のために解決が遅れてしまいます。それらを考慮して、僕はこちらで口座を開設してカードを作りました。そのメリットは、

 

- 資金を自分で管理できる

- 現地で作成したカードなので、支払いもしくは引き出しの際に機械的なトラブルはない

- 支払いの際にカードのみでなく口座振替も使用できる(学費の支払い等大きな支払いの場合は安心です)

 

以上です。

お金を自分で管理することは特に重要であるように思います。こちらで生活している自分でないと必要な費用は分からない上に、もし日本の口座に十分なお金がない場合、家族に資金の移動をお願いするのも時間と手間がかかります。また残高が目に見えて分かると自分がどの程度お金を消費しているかを考える様になるため、経済的に消費ができると思います。日本の銀行口座からの送金も可能で、使い勝手はかなり良いです。

 

あくまでも僕の個人的な視点で記述致しましたが、こちらで銀行口座を開設することをお勧めします。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.