龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2015年8月号 政策学部 T.M

レポート作成政策学部 T.M

①オリエンテーションについて
オリエンテーションは1日で終わりではなく5日間ほど続き、チェックイン、予防接種、保険、パスポートやI20、銀行、健康証明などの諸注意、MSSUの取り組み、図書館やジムやオフィスなど様々な施設、立地、活動、授業シラバス、様々な登録や署名、トラブル対応などを毎日少しずつ説明されました。詳しく毎日の予定が書いた冊子に沿って行われました。そして図書館ツアーキャンパスツアーとして実際にプールや教室など施設を見る機会もありました。オリエンテーション説明だけの退屈な数日間というわけではなく、ウェルカムパーティーやクラス分けテスト、ショッピング、映画鑑賞、ミニゴルフ、野球場鑑賞、ローラースケート場、フレンドシップファミリーとのウェルカム&ミールなどなど、楽しいイベントも盛りだくさんで含まれていて、毎日わくわくして過ごしたオリエンテーション期間でした。各種登録の事や疑問や質問は、何回も聞いたりしても丁寧に答えてくれて親切です。
②出発からオリエンテーションまでの出来事

みんなそれぞれJoplinに向かう渡航方法が様々です。僕は関空→韓国→ロサンゼルス→ダラス→ジョップリンという複雑な方法で行きました。韓国で韓国料理を空港レストランで食べたり、ロサンゼルスで1泊してBARや道で知り合った人、飛行機で隣の席の人とも仲良くなれたり、日本を出て学校が始まるまでに英語を使う話せる機会がかなりありました。Joplin空港に到着してからは、現地の人が車でピックアップしてくれて安心でした。そして生活必需品などを買うために、車でWalmartという大きなスーパーマーケットに連れて行ってもらい買い物を済ませました。ほとんど何でも売っています。到着してからすぐ生活用品を買いそろえ、僕の寮にはキッチンがあり、まだルームメイトは到着していなくて、食堂もオリエンテーション期間は無料で食べることができるなど、初めての海外、初めての長期留学でとても不安で心配していましたが、全く問題なく過ごせました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.