龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2015年3月号 国際文化学部 I.H

レポート作成国際文化学部I.H

1. 現地の学生・友人について

MSSUは他の大学と比較して規模が小さいので、友達もすぐできると思います。寮に住んでいる学生だと、ほぼ毎日カフェテリアで食事をとるので顔見知りの人が増えます。また、留学生向けにconversation partnerも紹介してもらえます。ここの学生ではないので毎日会っているわけではありませんが、よく一緒に買い物に行ったり、ご飯に連れて行ってもらっています。あと自分が受講している授業の中で友達ができると、とても心強いです。私もディスカッションやグループワークの際、彼女たちにとても助けられています。

 

2. Spring Break

3月14日~22日まで春休みでした。これが最後の休暇となります。多くの学生が実家に帰省したり、旅行していたように思います。私はBostonとChicagoに行ってきました。予定していた日に飛行機がキャンセルになるというトラブルに遭いましたが、なんとか次の日には発つことができました。春らしくなってきたJoplinとは異なり、一気に真冬に逆戻りしたかのような気候でした。ボストンでは、フリーダムトレイル(独立戦争にまつわる史跡をつないだ赤い線で、約4㎞)、ハーバード大学、シカゴではミレニアムパークやウィリスタワーなどを巡りました。どれも定番の観光地となっていて多くの観光客でにぎわっていました。訪れたどちらの都市も大都会で公共交通機関が発達しており、電車やバスを乗り継げばどこにでも行けます。1日乗り放題のカードを購入することをお勧めします。

留学生活も残すところあと1ヵ月あまりになりました。ファイナルに向けて授業のスピードも上がってきています。4月はイベントも多いので楽しみですが、勉学も怠らないように気を引き締めて過ごしていきたいと思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.