龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2015年5月号 国際文化学部 I.H

レポート作成国際文化学部I.H

1. この留学を振り返って

昨年の8月に日本を発ち、5月に帰国するまでの9か月間は毎日が刺激的で充実していました。授業で課された何十ページものリーディングやレポートは日本ではやったことがなかったので、夜通し机に向かっているという日もありました。全て投げ出したくなる時もありましたが、諦めずに取り組んで良い評価をいただいた時の達成感は今でも忘れられません。アメリカ人のルームメイトとは価値観の違いからもめることもあり、お互い気まずい思いをしたこともありましたが、そこから協調性や物事を多面的に見ることの大切さを学ぶことができました。私が暮らしていたJoplinは車がないとどこにも行けないと言われていました。しかし周りの友人がよく○○に行かない?と声をかけてくれて様々な場所に連れて行ってくれました。本当に恵まれていたなと思います。

2.帰国後どう留学経験を活かす予定か

帰国してすぐに学生バディを経験し、MSSUからの留学生と観光したりご飯に行ったりして交流しました。異国の地で生活するのに周りのサポートは欠かせないと実感したので、これからも積極的にボランティアをしたいと思います。また、学んできたことを基に自分が興味のあることを探求していきたいです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.