龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2015年12月号 経済学部 M.M

レポート作成経済学部 M.M

<日本から持ってきてよかったもの>

アメリカに持ってきてよかったものはケーブル類、例えばUSBケーブルやイヤホンです。こちらの製品は安いものは本当に質が悪いので、これらのような細かいものを持ち込んでおくと助かります。

あとは日本から持ってきた本です。僕は大学で使用していた参考書と文庫本を数冊持ってきました。当初は日本語で文章を読んでしまうと英語に慣れるのが遅くなるかと思っていたのですが、持ってきた本の内容が講義の内容とリンクする場面もあり、よりスムーズに講義の内容を理解できました。また、英語だけ話せても自分の知識がなければ会話ができないことを痛感したので、日本語の本を持っておいて良かったです。

生活に必要なものは全てこちらで揃えることができるので、日用品を持ってくる必要はないかと思います。

 

<1セメスターを振り返って>

これは受講する講義によって変わりますが、僕は講義のスピードや難易度で苦しむことはあまりありませんでした。僕は留学に来る前は本当に英語が話せなかったので講義について行けるかがとても不安でした。しかし本当に大切なことは自分の学びたいことを理解しようとする姿勢だと思います。英語を勉強しなかった訳ではありませんが、それでも僕は自分の勉強したいことをメインに着目していました。英語に不安があるから何もできないことはなく、やりたいことをやり遂げたいと思えば何でもできるのだと感じることができたのは良かったです。これは勉学だけでなく生活の中でも活きることだと思うので、次のセメスターではもっと積極的に学びを得たいです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.