龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2014年9月号 国際文化学部 I.H

レポート作成国際文化学部I.H

1.環境について

MSSUの周辺にはほとんど何もなく、どこへ行くのにも車が必要です。しかし、大学内の施設は大変充実しています。その中でも私が皆さんにお勧めしたいのはジムとプールで、どちらも学生証があれば無料で利用可能です。ジムは平日ならば朝の6時から夜の11時まで開いていて、運動不足解消や授業の合間にトレーニングをするのに最適です。マシーンの種類が多いのですが、使い方が分からない時はスタッフに聞くと丁寧に教えてくださるので初めての方でも通いやすいと思います。また、ズンバやヨガ、ブートキャンプなどの教室も定期的に開かれていて、私も週に2回程度参加しています。次にプールを紹介します。こちらはジムほど利用者は多くないと思いますが、監視員の方もおられるので安心して泳げます。トレーニング用具も充実していて、競泳をしていた私にとっては最高の施設です。プールは室内にありますが、水がたいへん冷たく風邪をひいてしまうのではないかと思ったほどでした。

図書館は朝7時半から23時まで開いています。金土日曜も時間は異なりますが開館しているので、参考文献を探したい時やレポートを印刷したい時によく利用しています。パソコンや自習室も充実しています。ここで、龍谷大学の図書館とは異なることがいくつかあるので紹介します。一つ目は、資料の印刷にはお金がかかるということです。学生証に最低$10チャージする必要があります。二つ目は、館内にStarbucksがあって飲食やちょっとしたお喋りができるスペースがあるということです。授業後や勉強の息抜きに友人とよく行きます。

留学する際に、携帯電話は解約するべきか悩まれる方も多いと思います。MSSUは全ての建物でWi-Fiに接続できるので、私は日本で使用していたスマートフォンをこちらでも使用しています。しかし、問題なのは学外に出た時の連絡手段がないということです。それでは困るのでWalmartでプリペイド携帯を購入しました。テキストと電話機能があれば十分だと思います。

 

2.食生活について

アメリカに来て最初の2、3週間は毎食カフェテリアで食事をとっていましたが、ピザやポテト、ハンバーガーなど脂っこいものが多いので部屋で食べることが多くなってきました。スーパーでサラダやフルーツを購入して、それらをお昼に持ってきて食べている友人もいます。私は日本食がとても恋しいので、何件か近くの日本食レストランにも足を運びました。味は日本とさほど変わらず、おいしくいただきました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.