龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2014年8月号 経済学部 Z.Z

レポート作成経済学研究科Z.Z

オリエンテーションについて

今Missouri Southern State University の図書館に座って、第一回のマンスーリレポートを書いているところです。こちらへ来る前に日本で一年間アルバイトをしてお金を貯めて、毎日毎日英語を勉強して、複雑な留学手続きも一歩一歩済んで、いろいろな努力をしてきました!とにかく忙しい一年間でした。 アメリカに来る前に、いつも友達にアメリカで毎日プールに入って、ジムで運動をして、ゆっくりする一年間を送りたいという話をしました。最近この話を思い出して、自分でも笑ってしまいます。授業が始まって2週間ぐらいになり、もう泣くほど宿題がいっぱい出て、毎日授業以外の時間を全部使っても、毎回ぎりぎり授業前に宿題を完成できました。8月8日に日本から出発し、丸々二日ぐらいでやっとJoplinに着きました。実は私龍大の寮を退寮する関係で、8日前に何日間も荷物を片付けて、あまり寝てなかったので、長い飛行時間でぐっすり寝って、寝ている間にアメリカにやってきました。空港でこちらの大学の学生さんと教会の人がpick upしてくれて、基本的に何でも順調にやってきました。大部分の人が優しくて、会うときに抱いてくれたりして、アジアと違う文化を感じました。食堂の食事は典型的なアメリカ食で、アジア系の学生が暫く慣れないところが多いと思います。また、こちらのサービスは日本と全然違い、昼間11時に食堂がオープンするはずなのに、11時5分になり、また食堂のドアが閉まっていることも非常に普通です。日曜日に友達に誘われて、教会に行きました。あまり言葉にまだ慣れてないので、毎週末に行くと決めました。やはり教会はアメリカの文化の大きな部分でぜひ了解する必要があると思います。 一番ひどいことは、先週夜中にムールメトが黒人の彼氏を部屋に連れてきて、びっくりしました。自分が昼間に寮の管理人と相談していたら、こんなことが発生してなかった。なにかあったら、また学校の先生と相談すると、熱心に解決してくれます。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.