龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2014年12月号 国際文化学部 I.H

レポート作成国際文化学部I.H

1.日本から持ってきてよかった物

*洗濯ネット   アメリカに限ったことではないと思いますが、海外で洗濯をすると服が縮んだりよれたりすることがよくあります。なのでネットを数種類持参しました。

*常備薬 日本で服用しているものがあればそれを持って行くといいと思います。慣れない海外での生活は何が起こるか分かりません。キャンパス内にヘルスセンターもあり、薬を処方してもらえるのですが日本人に合わないこともあるそうです。

*日本食 味噌汁などのスープ類は夜食や冷えた体を温めるのに最適です。カフェテリアの食事ばかりで日本食が恋しくなったときは白米を食べると安心します。近くにアジアンマーケットもあるのでそこでも購入することができます。また、小分けになっている日本のお菓子などを他国の友人にプレゼントすると大変喜ばれますし、そこから会話も広がります。

*ヒートテック Joplinは冬になるとかなり冷え込みます。11月に雪が降って気温がマイナス10度以下の日もありました。そんな時はヒートテックが大変重宝します。そんなにかさばらないので1週間分くらい持参するとよいと思います。

*化粧水 日本と比べて空気が乾燥しています。夏のうちからきちんとケアをしておかないと、冬に肌がパリパリになると聞きました。こちらでも購入することは可能ですが、私たちの肌に合うかはわかりません。

2.郵便について

私はMSSUにスーツケース一つで来たので、冬服など重くてかさばる物は持ってくることができませんでした。しかし、寮に住む学生にはメールボックスがありそこに送ってもらえば受け取ることができます。日本から何度か荷物を送ってもらいました。航空便だと4~5日で届きますが5kgで約10,000円と、高いです。逆にこちらから送る際も同等の値段がかかりました。郵便局も徒歩圏内にはなく、トロリーバスを利用するか車を持っている人に送ってもらう必要があります。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.