龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2014年10月号 経済学部 W.Z

レポート作成経済学研究科W.Z

授業紹介

今学期、私は4つの科目を登録しました。英語に関係がある授業はリーディングレベルⅤです。自分の専門―経済学に関する授業は社会経済学を選択しました。南ミズリ州立大学で生活に関係がある授業は大学生活経験という授業を取りました。そして、自分の興味がある音楽に関する音楽アプリケーションという授業を登録しました。毎授業は4単位で、今学期の合計は12単位です。南ミズリ州立大学の政策は、毎学期に12単位の授業を登録しなければいけないですので、私の単位はちょうといいと思います。

リーディングの授業は初級のリーディングレベルⅠから、最高レベルのリーディングレベルⅤまで、五つのレベルがあります。英語の授業を選択前に、南ミズリ州立大学は英語レベルを確認するために、自分の英語テストを受けなければいけない。英語テストの結果に基づいて、英語の授業を選択して、登録します。

そして、英語に関係がある授業は、リーディングレベルⅠからリーディングレベルⅤだけではない。聞く能力レベルⅠから聞くレベルⅤまで、会話能力レベルⅠから会話能力レベルⅤまで、書写能力レベルⅠから書写能力レベルⅤまでの授業もありますので、各学生は自分の需要に基づいて、自分の需要を満足できるレベル授業を取ることができます。これば一番いいと思います。

自分の考えですが、英語の授業は交換留学生に対して、一番関係がありますので、私はできるだけ、英語の授業に関係がある授業を詳しく説明したいと思います。

アメリカの授業構成は、日本の授業方法と全然違うと思います。多くの日本人の学生は最初は反応しにくいと思います。アメリカの大学の授業は、中間テストと期末試験だけではないで、毎週pretestと週間テストがあります、そして、半月のテストもあります。テストの対応するために、学生達は毎日一所懸命に勉強しなければならない。

以上、よろしくお願いいたします。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.