龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2013年4月号 国際文化学部 Y.I

レポート作成director

この一年間を振り返って

この一年間は私にとって挑戦の年でもあり、とても意味のあるものになりました。毎日自分の英語の面でも内面的にも成長が感じられ、とても自分に自信がもてるようになりました。私は高校時に一度留学したことがあるのですが、その留学とは大きく違い、去るときにはたくさんの友達が私が帰るのを悲しんでくれ、大親友と呼べるまでの友達もここで見つけることが出来ました。自分がここにいたという痕跡を大きくつけれたと思います。留学前と大きく変わったことは、考え方です。私は英語を学びたいとしか思っていませんでした。しかし、今では英語はツールの一つであると今では思います。英語を使って相手にどれだけの情報を伝えられるか、そしてどれだけの情報を相手から引き出すか、人間関係の絆を深めるのに使うただの道具なのだなと留学で気づかされました。

 

帰国後どう留学経験を生かす予定なのか

まだ、留学が終わったばかりで将来の事は考えていないのですが、今のところ考えていることが2つあります。一つ目は瀬田のチューターになることです。ここで培った英語や、留学経験をもとに今度は逆の立場で留学生を迎え、サポートしていきたいと思ったからです。もし、なれなかったとしても、近くに住む予定なので、留学生の友達という立場でみなさんのサポートが出来ればなと考えています。二つ目に将来的にはCAになり、英語を使う職業に携わりたいと思います。

 

感謝の気持ち

この留学に携わってくれた皆様に感謝したいと思います。この素晴らしい留学を私に提供してくださった国際部の方や、私に二度も留学に行かせてくれた親、そして留学中も日本から応援してくれた友達、この留学先で会った先生、友達など感謝を伝えたい人がたくさんいます。この留学は本当に私にとって宝物で、人生の中でもとても有意義な一年になりました。今回はやりきった感がとてもあり、後悔は一つもありません。この留学がこうして成功したのも、多くの人からのサポートがあったからで、一人では決してできるものではありませんでした。この留学を通して人との関わりや、人への感謝、そして親の有難みを感じることができました。この留学をサポートしてくださった皆様ありがとうございました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.