龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2015年3月号 社会学部 J.K

レポート作成社会学部J.K

《現地の学生・友人について》

MSSUの学生は17歳からおばさん、おじさんまで幅広い年齢層です。また、子どもを授業に連れてくるなど、みんな自由です。いろんな年齢の生徒と一緒に授業をうけるのは私にとってはとても新鮮です。それに、少人数クラスということもあるのか、授業中に質問や授業内容に関する発言をする生徒が多くすごく活発な授業が行われていると思います!  MSSUに来てから一番遊んでいるのはコロンビア人の友達です!最初のオリエンテーションの時に知り合ってから今でも連絡をとり続けています。その子はいろんな国の文化に触れることに寛容で、自然にいろんな話をすることができます。中でもコロンビア代 表のサッカー選手ハメスロドリゲスについて熱く語りあうことができたので、全く関わったことのない国の人とでも以外な共通の話題で打ち解けられるのだと感動しました。8月のオリエンテーションで出会った様々な国の留学生の中でも、よく集まったり話したりするのはアジア人が多いです。

 

《現地の学生・友人とのトラブルについて》

それでも、外国人で気の合わない人は本当に気が合いません。私自身も留学に来る前には想像もしていなかったトラブルに多々見舞われました。最悪のトラブルが起きたときは悪夢で1週間うなされていました。笑 現地の学生や他国からの留学生でも、自分の常識では考えられないような型破りな行動や考えをもつ人たちはざらで、その人たちのせいでせっかくの留学生活がつらいものに変わるのは本当に悲しいことです。留学をするとすべてがきれいごとではいかないのは当たり前!と思い、しっかりと自分の意思を持ち続けることが大切だと思います。現地で何かトラブルがあっても後で笑い飛ばせるような強いメンタルをもつことも必須かと思われます…! あと、女の子に特に気を付けてほしいのは、現地の男子学生ですぐに留学生に手を出そうとする輩がいるということです!本当にいやな時は嫌とはっきり言わないと相手には伝わりません!21歳以上だと合法的にお酒も飲めるので、お酒の席での失態は絶対に避けてほしいです!他的に引き起こされるトラブルも自発的なトラブルも、自分で解決しなければいけないということをわきまえて行動したほうがいいです!

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.