龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

南ミズーリ州立大学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学

2016年12月号 社会学部 Y.H

レポート作成社会学部 Y.H

①日本から持ってきてよかったもの

・デビットカード

アメリカはカード社会という認識でカードだけでいいやと思いがちですが、意外に現金を使う機会はあります。特に友達と遊びに行った際にちょっとしたお金の貸し借りや、チップなどちまちまと必要になります。ですので、アメリカで現金の引き下ろしが可能なカードを持っておくことが必要になります。僕はアメリカで口座を開いて新たなカードを手に入れましたが、そのような方法もあります。

・文房具

こちらに来てから驚いたのがアメリカの文房具の質の悪さです。そして値段も決して安くないので総合して日本の文房具の方が優れているので少し多めに持ってくることをオススメします。特にシャーペンはアメリカ人はあまり使わないためかそもそもあまり見ません。あっても決して使いやすいものではないです。

・モバイルバッテリー

留学中には必ずどこかしらに旅行に行くことになると思います。そのときに重宝するのがモバイルバッテリーです。移動時間も10時間を超えることなんてざらにあるので、その間スマホを使えないとなると厳しいので持ってきてよかったと思います。

・アメリカで使えるスマホ

こちらに来る前にはWi-fi環境のある所だけで使えればいいと思っていたので特に対策をせずにこちらに来ました。確かに普段の生活の間は特に困ることは無いのですが、旅行に行ったりちょっと遠出する際には必要であると感じたので他の皆は購入していました。

②英語習得具合について

ちょうど留学半分に差し掛かったのでどのくらい英語学習が進んだのかを書きたいと思います。まず、僕の留学前の英語力ですがほぼ受験英語のみと考えても差し支えありません。つまり、ほぼほぼ英語は話せませんでした。留学前にIELTS講座があるのですがそこでもほとんど理解が出来ないレベルでした。

こちらに来てからのテストでも最も低いレベルの授業を勧められるほどの点数でした。

しかし、こちらに来てから積極的に友達と話したり色んなところに出向くようにしました。その結果日常会話レベルはそこそこ理解ができるようになりました。僕はそんなに英語の勉強をしよう!と力んだことはないですが日常の中で学んだという感じです。ただ自分の中ではすごく満足しています。

僕の周りの友人は僕より早いスピードで上達しており彼らや彼女たちの英語を見たり聞いたりしていて関心することが多々あります。ですので、やはり来る前には最大限に自分の英語力を上げておき来ることをオススメします。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.