龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

アリゾナ州立大学マンスリーレポート

アリゾナ州立大学

2017年9月号 国際文化学部 Y.K

レポート作成国際文化学部 Y.K

環境について

気温:38〜42℃くらい(8月時点)34〜38℃(9月時点) 日本の夏のようなジメジメ感はない。

・寮(Vista de sol)について

On campusを選択した私は留学に来る前、private room はないルームメイトとシェアルームかと思っていたのですが来てみたら自分の部屋とシャワーがあったので安心しました。前の留学者さんのマンスリーレポートによれば先着順みたいなので早めに登録することを勧めます。プールもジムもあって非常に快適です。バスケットボールコートやテニスコートもあるので水着と運動着を持って来ることを勧めます。

 

・大学の設備について

ASUのキャンパスは龍谷大学とは比較にならないくらい巨大で設備も充実しています。図書館やスターバックスコーヒーが大学内に多数設置されており落ち着いて勉強できる環境が整っています。Meal planというビュッフェスタイルの学食もあるみたいのですが私は加入していません。学生団体、いわゆるサークルも数え切れないくらいあります。8月中旬にPassportというサークルや部活動の展覧会みたいなものがあるので興味があれば参加してみてください。

 

・テンペについて

テンペについては私もまだあまりよく知っているわけではないのですが、私が京都に住んでいるためからなのか少し物足りなさを感じています。旅行目的で来ているわけではないので構わないのですが京都みたいに華やかな観光地が沢山あるわけではないのでテンペ自体には期待しない方がいいかもしれません。グランドキャニオンにまだ行けていないぐらい、まだまだ未開拓な状況なので友達に聞いて回ってみようかと思います。Orbitというフリーバスがあるので少し遠くのTargetというショッピングモールにも行けます。近くにスーパー(safeway)やコンビニ(wal-mart)もあるので生活するぶんには快適です。

 

留学に来るまでに何をすべきか(自由テーマ)

無事交換留学に行くことが決まり実際に留学先へ行くまで約1年間あります。留学に行くまで何をしておくべきか私なりの意見を書きたいと思います。

1.自分の専攻分野について網羅しておく。卒業論文の内容を考えておく。

語学留学と交換留学の違いは現地の大学の学生として講義を聞くことができる点にあります。面接でも問われると思いますが、自分が何を学びたいのかを明確にし、本を読むなどして、ある程度知識をつけておくことが必要だと思います。3,4回生で交換留学へ行くなら、ある程度卒業論文の準備をして行くことをお勧めします。

2.英語力をできるだけ上げておく。

交換留学では、ある程度の英語力がある前提で学部の授業を受けることになります。アリゾナ州立大学の語学要件はTOEFL iBT 79以上、IELTS 6.0以上、TOEIC750以上のどれかですが、前に留学した龍大生がマンスリーレポートに書いている通り、このスコアを取っても満足せず継続して勉強することを強くお勧めします。これは私の経験談ですがTOEICはたとえ900点を超えても、こちらでは全く通用しないと痛感したのでTOEFL iBTかIELTS対策の勉強をしておくことをお勧めします。とはいえ、この二つは試験代が高いので、私は模試をひたすら解いていました。私の場合は、日常会話は問題ないところまでレベルに達しているのですが、授業となると全くついていけていない状況です。まだまだ教授の言っていることが聞き取れない、それゆえディスカッションにもついていけないという悪循環に陥り正直かなり苦労しています。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.