龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

アリゾナ州立大学マンスリーレポート

アリゾナ州立大学

2017年10月号 国際文化学部 Y.K

レポート作成国際文化学部 Y.K

授業紹介

SPA 102 Elementary Spanish

初中級レベルのスペイン語の授業。授業のレベルはDELE A2レベルぐらい。アリゾナ州では親世代がヒスパニック系の移民が多いため子供もスペイン語が堪能な傾向にあります。そのためアメリカではスペイン語が第二外国語として人気です。スペイン語を習得すれば交友関係が広がるのでオススメしたい。なおこの授業では文法にはあまり触れないので、自分で文法と単語はやってくることを前提に授業は会話が中心で行われます。先生は 80%[スペイン語] : 20%[英語] で授業を行うので、全くスペイン語を勉強してない人は一つ下のSPA 101を受講することを勧めます。私は現在DELE B1の勉強をしているので少し物足りなさを感じました。

POS 160 Global Politics

この授業はオンラインで行われる。国際関係における基礎と原理を学ぶ。なお現在世界で起こっている様々な国際問題も取り扱う。オンライン上のクラスの掲示板ではディスカッションが行われる。アメリカ人の意見や英語の文章も見ることができるので勉強になる。オンラインクラスは10月の半ばから始まるので、現時点ではまだはっきりとした感想はいえないが面白そうな授業だと思う。

POS 364 National Security/ intelligence/ Terrorism

この授業も10月からオンラインで行われる。アメリカが直面するテロリズムや国家安全保障問題を取り扱う。最近では北朝鮮によるミサイルの脅威や各国で起こるテロによる被害は日本のニュースでも度々報道されるので、それに対するアメリカの価値観、概念を学びたいと考え受講した。

POS 454 Mexico

メキシコにおける民主主義への転換、革命について学ぶ。メキシコはアリゾナ州の隣であり、中南米にも興味があったので受講した。しかし複数回の筆記のテストと期末のレポート15枚はかなりハードなので単位を取るのは容易ではない。

POS 465 International Organization /Law

国際法の法源、条約、海洋法について取り扱う授業。かなり専門的な授業のため専門用語がかなり多く、留学生にはオススメではない。私は日本で既に国際法を勉強しており、内容はほとんど変わらないので日本語で学ぶ方が早いと思った。

 

400番台の授業はかなり専門的な授業で、留学生にとって単位を取ることは難しいと感じました。色々な授業を選択してみて自分にとって最も吸収できそうな授業に力を入れてみることをオススメします。ちなみに私はpolitical science、つまり政策を専攻しており地域の「政策」ではなく、国家や政府の「政策」といった意味合いがアメリカでは強いです。

 

自由テーマ(持ってきたら良かったもの、持ってきて良かったもの)

1.参考書(英語、スペイン語、卒業論文関連や自分の専門科目の本)

留学にきても依然として自分の語学力のなさには苦しめられています。語学に関しては授業外でどれだけ頑張るかにかかっているのと思うので参考書は持ってくることをオススメします。卒業論文を書く人はそれに関する本も持ってくることを勧めます。

2.水着、サンダル、スポーツウェア

寮内にも学内にもプールがあります。8,9月はとにかく暑いので、ほぼ毎日プールに入ってリラックスしてます。またサークルで運動系のクラブに参加したり、ジムに通う人はスポーツウェアも持ってくることを勧めます。(もっともこれらは参考書とは違って現地に着いてからでも買えます。)

3.冬用の衣類

アリゾナは暑いですが8,9, 10月が終わると少しずつ涼しくなってきます。室内が寒いと感じることもあるので少し厚着も持ってくることをお勧めします。

 

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.