龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

アリゾナ州立大学マンスリーレポート

アリゾナ州立大学

2013年12月号 経済学部 H.K

レポート作成経済学部 H.K

◎留学前に準備してよかったこと

日本から持ってきて良かったものは特にありません。大半の物は近くのスーパーやショッピングモールに行けば手に入ります。このテーマついては他の方のマンスリーレポートと大体同じなので、このレポートでは留学前に準備しといてよかった点を二つ紹介したいと思います。 一つ目にクレジットカードについてです。アメリカでは多くの人が現金ではなく、クレジットカードやデビットカードで料金を支払います。理由としては偽札が多く出回っていることが一番の理由です。もちろん、現金も使えますが、カードの方が便利だと思います。私が準備したカードは三枚です。二枚がクレジットカード(visaとmastercard)で、一枚はCity Bankのカードです。クレジットカードは会社別の二種類を用意した方がいいと思います。店によって、片方が使えなくなることがあります。また、私のカードは上限が月:十万円のため二枚持っています。そして、City Bankのカードは万が一カードが使えなくなった時にATMから現金を引き出すために準備しました。なので、クレジットカードをメインで使って、もしもの時の為の現金を持っているのが良いと思います。 二つ目に、交換留学内定者は自分が派遣予定の大学から帰国された前任者の方から話を聞くことを勧めます。前任者の方から得られる情報は本当に重要なものばかりです。実際、私も留学前に前任者の方と話す機会をいただいたおかげで、マンスリーレポートには書かれていない多くの情報や留学中の体験談を聞かせてもらったり、現地の友達を紹介して頂きました。もちろん、自分で留学先の情報を知る事も大事な事です。しかし、限界があります。それに、前任者の方であれば長期間滞在した中で得た教訓や失敗も知っていますし、なにより、前任者と話すことで、留学に向けてのモチベーションを高められると同時に留学のイメージをより鮮明にできると思います。なので、留学が決まっているのであれば、国際部を訪ねて、前任者の方にコンタクトを取る事をおススメします。

 

◎ASUにある日本クラブ

アリゾナ州立大学には、日本に興味がある人が集まっているサークルのようなものがいくつかあります。今回はそれについて紹介したいと思います。一つ目にJSA(Japanese Student Association)があります。この団体は、月に一回ほど様々なイベントを開催しており、ASUに来ている多くの日本人学生や日本に興味がある学生がたくさん参加します。イベントの内容はハロウィンパーティー、運動会など様々です。ちなみに私はこのグループに所属し週に二回、ソーラン節を練習しています。二つ目にBridge Club of Japan-Americaがあります。ここでは、毎週木曜日の五時から日本に興味がある学生や日本人学生が集まり、喋ったり、ゲームしたりしています。ASUにはJapaneseという専攻があり、日本の文化や言語を学んでいる学生がいるだけでなく、日本へ交換留学生として行ったことがある学生も多くいます。そのため、これら二つのサークルに参加することで、日本に興味を持ってくれている友達を多く作ることが出来ます。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.