龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ランガラカレッジマンスリーレポート

ランガラカレッジ

2017年9月号 国際学部 C.N

レポート作成国際学部 C.N

①オリエンテーションについて

オリエンテーションはクラス分けテストを含め、3日間行われました。

1日目はカナダに到着した次の日にあり、午前9時半頃からReading、Writeing、Speakingのテストをしました。それぞれ30分間のテストで、Readingはマーク方式で長文読解、Writingは与えられたお題について書くという形式の問題でした。昼休憩の後、4人1組でSpeakingのテストが行われました。お題が書かれた紙が配られ、それについてグループ内で話している様子を先生が採点して見て回るという形式でした。

2日目は学校についてのオリエンテーションが行われました。LEAPプログラムの説明や大学施設の紹介が中心でしたが、カナダでの生活に関する話もあり、楽しく話を聞くことができました。周りには中国人、韓国人、ベトナム人が多く、半数以上がアジア人でした。意見交換をする時間や、休憩時間に他国の人と英語でコミュニケーションをとったことは私にとって新鮮で、これから始まる留学生活にわくわくしました。

3日目はホームステイに関するオリエンテーションでした。この日は日本人は1つの教室に集められ、日本語で説明を聞きました。最初にカナダでのホームステイの基本事項が書いてある冊子が配られ、それに沿って話を聞き、最後に説明のビデオを見ました。その後、Self-Guided Tours という各自で学内探検をして、LEAPのクラス発表を見て、オリエンテーションの全日程は終了しました。

 

②環境について

*大学施設* ランガラカレッジは比較的小さい学校だと思います。しかし大学施設はとても充実しているので不便を感じることはないです。個別の学習スペースがある図書館や、お昼ご飯が食べれるカフェテリアなどがあります。また、大学はバスや地下鉄の駅が近いので交通の便も非常に良いです。困ったことがあれば親身になって相談にのってくださる日本人の方もいるので、安心して学校生活を送ることが出来ます。

*住居・家庭について* 私は学校から歩いて20分ほどのところにホームステイをしています。食事に関しては朝食、昼食は自由に好きな物を食べ、夕食は家族と一緒に食事をするという生活形態です。私の家にはホストファザー、ホストマザー、ホストシスターに加え、私と同じくランガラカレッジに通っているブラジル人の女の子がいます。1つの家で2人の学生をホストしている家庭は珍しいことではないうえ、様々な文化や生活が学べるので最高の環境だと思っています。

*バンクーバーについて* ランガラカレッジはカナダの有名都市、バンクーバーにあります。たくさんの観光地があり、週末に退屈することはないです。バス、地下鉄などの公共交通機関を使えば、大体のところは行くことができます。また、バンクーバーはとても多文化都市です。あちこちで様々な人種の人を見かけ、いろいろな言語が聞こえてきます。私は今回が初海外で、全てが新鮮な体験です。住みやすく、たくさんの文化に触れることが出来るバンクーバーは英語だけでなく、自分の人間性も高められる環境が整っていると感じます。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.