龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ランガラカレッジマンスリーレポート

ランガラカレッジ

2014年10月号 国際文化学部 M.B

レポート作成国際文化学部M.B

環境について

大学施設は、ダウンタウンから地下鉄で15分程度、近くにバス停もあり、交通の便が良いです。大学の敷地は小さいのですが、建物の中はたくさんの教室があって結構迷います。図書館は、自習するスペースがたくさんあります。私は、あまり家で宿題はしないので、よく図書館でしています。住居は、家の前がバス停で、バスが来る間隔も10分に1本くらいです。自分の部屋は、ベッド、机、クローゼットとタンスがあります。街並みは、私の住んでいる周りや学校周辺は自然が多く、紅葉していたり、野生のリスがいたりします。ダウンタウンは、ハロウィンの時期なので、ハロウィンパレードがあったり、カフェでも期間限定商品などがあったりします。ハロウィンパレードはあまり日本では見ない光景なのでとても楽しかったです。また、ダウンタウンには様々な国のレストランがあるのでいろいろな料理を楽しむこともできます。(写真はハロウィンパレードです)

日本から持ってきてよかったもの

日本から持ってきてよかったものは、洗濯ネット、ヒートテック、タイツ、などです。洗濯ネットがあれば、下着や靴下が他の家族と紛れてなくなることはないし、乾燥機から自分の服をすぐに探し出せます。ヒートテックは結構たくさん持ってきていてもいいと思います。寒い時は重ねて着てもいいし、10月半ばくらいから結構寒くなるので気持ち的に安心します。タイツは、こちらのものは高かったり、質がよくなかったりします。逆に、持ってきたらよかったと思うものの方が多いです。日本で使っているちょっとけがしたときの塗り薬や目薬など、こちらでは日本製の薬は見ないので不安だったら多めに持ってくるべきだと思いました。あと、ユニクロなどに売っている持ち運びできて防水のジャケットを持っていたら、寒い時や、いつ降るかわからない雨の時も安心です。バンクーバーにはユニクロのような安くて使えるようなお店は少ないです。意外と物価が高くて、半年しか滞在しないので、衣類など持ってこられるならできるだけ持ってきて、こちらであまり買わなくてもいいと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.