龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ヒューロン・ユニバーシティ・カレッジマンスリーレポート

ヒューロン・ユニバーシティ・カレッジ

2017年10月号 国際学部 T.K

レポート作成国際学部 T.K

①環境につて(大学施設・サービス、住居、街並み等)

ヒューロンユニバーシティカレッジでの生活環境についてですが、基本的には穏やかでいい所だと個人的には思います。ただどこかに行くとなると、すべてバス移動になります。アダウンタウンに行くのにも15分ぐらいかかるので、少し不便です。そのうえバスは、時間を調べて乗ろうとしても90%遅れてくるので、急いでるときは厄介です。しかし、キャンパス内以外で行くところがあるとすれば、小さいショッピングモールやウォルマート、ダウンタウンぐらいしか周りにはありません。それに、たいていの施設(病院、薬局、散髪屋、映画館など)はメインキャンパスにそろっているので、ダウンタウンまでいかなくても、生活できてしまいます。余談ですが、メインキャンパスの散髪屋さんは評判が良くないので、ダウンタウンで切ることをお勧めします。日本と同じぐらいの値段を払えば、しっかりしてもらえます。次に、寮についてですが、部屋の大きさは一人で使うには十分な広さがあります。ルームメイトがいるものだと思っていましたが、1つの部屋に4つ部屋があり、そのうちの1つに自分が住んでいます。(残りは、他大学の日本人2人とカナダ人1人が住んでいます)そして自分の住んでいる寮(O Neil)は大学と繋がっているので、寒い冬でも外を通る必要がありません。総括的に見ると大学生として、寮で生活するには満足な環境ですが、ただ単に住むとなれば少し不便なのかも知れません。

 

②リーディングウィークを利用したニューヨーク旅行について

ヒューロンユニバーシティカレッジには、リーディングウィークという各学期に一週間のまとまった休みが10月後半にあります。たいていの交換留学生は、この休みの間に旅行をします。僕の友達は、カナダのモントリオールなどにも行っていました。僕自身はニューヨークに行ったのでその経験を書きます。ロンドンからバスでトロントまで行きそこから、ニューヨークまで行きました。トータルでは半日ぐらいかかったと思います。飛行機だと2時間で行けますが、バスの方が圧倒的に安かったのでバスで十分だと思います。現地についてからは、観光で忙しい日々でした。6人で行ったので、タイムズスクエアまで徒歩2分のホテルが4泊で2万円ほどでした。観光の内容は、タイムズスクエアやマンハッタン、ブルックリンなどに行き、クルージングもしました。また映画ナイトミュージアムで有名な、アメリカ自然史博物館やブロードウェイのミュージカルにも行きました。芸術に全く興味のない自分でもすごく楽しめたので、新たな自分を発見した気分になりました。新しいことにチャレンジしてみるのも大事だと旅行中に改めて感じました。ニューヨークでは沢山の経験をしましたが、一番良かったのはクルージングだと思います。トワイライトクルージングと言って日が沈むのを、ニューヨークの景色と一緒に見ることができ、日が落ちてからは、夜景を楽しむことができました。また機会があれば、また行こうと思っています。

 


エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.