龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ヒューロン・ユニバーシティ・カレッジマンスリーレポート

ヒューロン・ユニバーシティ・カレッジ

2014年4月号 国際文化学部 M.S

レポート作成国際文化学部 M.S

<この留学を振り返って> この留学生活を振り返ってみると、本当にあっという間に過ぎた8か月間だったなぁと思います。何も分からないところからのスタートで、初めは戸惑うことばかりでした。それでも自分なりに、その戸惑いをひとつひとつ、自分が納得できるように解決・吸収しようとしてきました。 この8か月間勉強に重点を置いてきた私にとって、“英語で何かを学ぶ”ということは、もちろん容易なことではありませんでした。読んだこともないような量のリーディングを予習したり、エッセイを書いたり、そしてもちろん現地の学生と授業を受けることは、本当に自分との戦いで、根気がいることでした。毎回のように授業で落ちこみ、逃げ出したくなるときも、友達と授業の後に悔しくて泣いたことも何度もありました。でもそれ以上にそれを最後まで投げ出さずに、こなしていくうちに、自分の成長を感じることができたのは本当に自分にとって嬉しいことであり、自信に繋がることでした。そして、その中で自分の知識が増えていくことにわくわくする自分がいたり、もっともっと色々なことを知りたいと思うようになりました。英語で文献を読むということは、時間も忍耐力もそして英語力も必要です、でもそれを苦だと思わなくなった、ということはこれからの自分の大学生活において本当に意味のあることだと思っています。 この留学中、人と自分を比べ嫌になったり、自分を甘やかしてしまうこともありました。しかし、色々な人に支えながら8か月間やりきることができました。それは日本で応援し、支えてくれていた家族や友人、そしてこちらで出会った人たちのおかげだと思っています。私自身、家族と離れて暮らすのは初めてだったのですが、どこかで寂しいと感じながらも、頑張らなくてはと自分を鼓舞できたのは、自分のしたいことを最優先させてくれている両親のおかげだと思っています。また、日本から励ましてくれていた友人、場所は違えど海外で四苦八苦している友人の存在もとても大きかったです。そして、ここカナダで出会った人たちに助けられながら、この留学生活を終えることができたのだと思っています。自分の住み慣れた土地、自分のことを知り理解してくれる人のいる場所で生きていくことは、日本にいると“当たり前”です。だからこそ、何も知らない土地、初めて出会う人ばかりの場所で暮らすことは一言で言ってしまえば、“難しい”ことなのかもしれません。しかしその中で自分の知らなかった自分が見えたり、改めて自分のいた環境に感謝しなければと思うことができました。20年生きてきたうちの8か月でしたが、本当にたくさんのことを経験できた8か月間でした。

Huron

<帰国後どう留学経験を活かす予定か> もちろん、留学中に得た英語力はこれからもキープ、向上していきたいです。そのために自分ができることをコツコツとしていきたいと思います。また、日本に帰国して生活習慣が戻っても、この留学中に得た毎日少しでも勉強する習慣はキープしていき、より自分の知識や教養を増やしていきたいと思います。この留学中に自分の知識の無さは嫌というほど実感したので、今度もし海外へ行く機会があったとして、その時に悔しい思いをしなくても良いくらい、様々なことを吸収していきたいと思います。また、来年度ヒューロンへの交換留学生はいないということですが、自分の留学経験から、これから留学を控えている人、留学を考えている人のサポートをできればと思っています。帰国したら3回生の後期に入り、自分の将来について考えなければいけない時期になってきます。そんなときにこの留学を通して自分が感じたこと、考えたことを思い出し、自分の進むべき道を見つけられたらと思っています。 最後になりましたが、この留学をするにあたり、お世話になったすべての方々、ありがとうございました。

帰国前に高校の時のホストファミリーに再会

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.