龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ヒューロン・ユニバーシティ・カレッジマンスリーレポート

ヒューロン・ユニバーシティ・カレッジ

2013年2月号 文学部 Y.O

レポート作成文学部 Y.O

▽授業について

最初に少し余談なのですが、こちらの時間割は日本からもオンラインで事前登録ができると思います。中には人気で取れない授業もあるので、取りたい授業が決まっているなら、こちらの学生よりも早く登録できる内にオンラインで事前に登録しておくことをお勧めします。 ヒューロンでは1月6日から新しい学期が始まり、私は前期の授業に加えて新しく授業を2つ追加しました。一つめは、Global Studiesの授業で、主にGlobalizationとは何か。また、Globalizationによって、developing countriesの社会や経済、文化において、どんな影響を及ぼしてきたかということについて学んでいます。この授業は週に一度の三時間のクラスのため、少なくても毎回150ページを超える量のリーディングの宿題が出ます。授業では、教科書を読むと言うより、教科書の内容を踏まえた上で、ディスカッションやグループワークをするという形の授業です。また、Globalizationに関連した映画やドキュメンタリーを見て、レポートを書いたり、ディスカッションすることもあります。こちら学生もこの授業は大変だね、と言うくらいタフな授業で、予備知識もない私にとっては間違いなく、今までの人生で一番大変な授業で、毎回ついていくのに必死です。しかし、諦めずに頑張って発言できるようになりたいと言うのが今の目標です。 もう一つはEconomic の授業です。この授業は日本の講義と似たような感じで教授がパワーポイントを使って講義をして、たまに教授の質問に対して学生が発言するといった感じです。この授業はGlobalizationの授業と違って、受身な授業のため比較的楽ですが、試験で成績が決まるのできちんと勉強しようと思います。

 

▽余暇について

基本的に放課後は部屋や図書館で予習や課題をするか、友達とお喋りをして過ごしています。平日だと、時々メインキャンパスに行ってご飯を食べることもあります。また、この間、メインキャンパスの映画館に行きました。普通の映画館だと1人$14位するのですが、メインキャンパスの一番安い日だと1人$3.5で映画が観られるので、おすすめです。平日にしっかり勉強する分、週末はパーティに参加したり、友人とご飯を食べに行ったりたりと遊びに出かけて過ごすことが多いです。また、週末には買い物に出かけることもあります。Londonには二つの大きなショッピングモールがあり、一つは学校から歩いて20分くらいのところにあるMasonvilleというモールで、この付近には色んなお店が集まっているので、服や日用品、食料品などたいていのものはここで揃います。もう一つはヒューロンからバスで40分くらいのところにあるWhite oaks というモールです。少し遠いですが、ここには日本の100円均一のような店内のものほとんどが$1で買えるDollaramaというお店もあります。 今学期に入ってからは課題の量が多く、私は人よりも時間がかかるということもあり、週末も部屋にこもりがちになっているのですが、時間を見つけて、UWOのジムへ行ったり、友達とお喋りしながらご飯を食べたりと気分転換をするように心がけています。また、こちらに来てから、やるときはやる、遊ぶときは遊ぶと言う切り替え次第で、何でもない週末でもすごく楽しく過ごせるということを学んだ気がします。

 

▽Reading Weekについて

ヒューロン、キングスを含めたUWOでは、2月18日から一週間Reading Weekという名のお休みがありました。きっと、テスト前の勉強のための期間なのだと思います。もともと、この期間中にヒューロンでは、留学生のためのQuebec, Montreal旅行が企画されていたのですが、定員数にわずかに足りず、中止になりました。しかし、諦められなかった私たちは、自分たちで行くことにしました。19日の夜、LondonからGrayhoundというバスで14時間かけてQuebecに旅立ちました。Quebecでは公用語がフランス語なので、アナウンスも看板も全てフランス語で、カナダ内なのにまるでフランスに来たかのような不思議な気分になりました。しかし、英語で尋ねると英語で話してくれるので、困ることはまずなかったです。また、Quebecでは、道で地図を持っているだけで“どこに行きたいの?”と英語で聞いてくれるような親切な方がたくさんいて、すごく観光客に対してウェルカムな町だなあと感じたのを覚えています。Quebecは町全体がレトロで可愛らしく、歴史ある建物や教会も多くあり、LondonやTorontoとは全く違う雰囲気で、歩いているだけでも楽しかったです。二日間Quebecに滞在した後、VIAと言う電車でMontrealに向かいました。MontrealはQuebecと比べるとかなり都会で、色んなお店やレストランが立ち並んでいて、少しTorontoと似ているように感じました。しかし、Montrealにも有名な教会や博物館など色んな観光スポットがあるので買い物、観光と両方楽しめました。QuebecはLondonよりも気温が低く、残念なことに毎日観光に不向きなほどの大雪が降っていました。しかし、雪で覆われた街も素敵でしたし、カナダらしい冬を経験できたので、いい旅行だったなと思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.