龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ヒューロン・ユニバーシティ・カレッジマンスリーレポート

ヒューロン・ユニバーシティ・カレッジ

2016年4月号 国際文化学部 N.O

レポート作成director

〈この留学を振り返って〉

カナダに行く前は8ヶ月の留学生活は長いだろうと思いましたが、終わってみると、とてもあっという間だったように感じられます。右も左も分からない海外の生活に加えて学校での授業や課題、テストなどに追われて苦しいことや大変なこともたくさんありましたが、周りの人々に支えられてやり遂げることができたと思います。

カナダは多国籍国家ということをよく聞きますが、本当にそれを自分の肌で感じることができました。街や学校、公共機関の中で、英語だけじゃなくその他にも何か国語も飛び交っている光景が当たり前の世界では今まで日本では経験したことがなく新鮮で刺激的でした。また、会話を通してその人が持つルーツや自分とは全く違う環境で育ち培われた価値観などを知ることができて、自分の考え方にも幅ができたように思います。留学中は初めてのことがいっぱいで、今まで知らなかった新しい世界を知ることが多々ありますが、一方で自国の日本について改めて考えさせられました。街を走っている8割くらいは日本車だったり(私が見た限りでは)、日本に興味を持っている人がとても多かったり、寿司が大好きな人がたくさんいたりと、日本が海外に与える影響の大きさに驚きました。日本では当たり前だと思っていたことがカナダでは凄いと言われることもあり、日本の文化、習慣、産業など改めて見つめなおしたいと思いました。

この留学を振り返って一番思うことは、留学に行ってよかったということです。そして、支えてくれたグローバル推進センターの人々や家族、友人などすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。

〈帰国後どう留学体験を生かす予定か〉

この留学で、今まで過ごしてきた自分にとって快適な環境からでて、知らない土地で生活し勉強するという体験をしました。周りに知っている人が全然いない状態からでも、帰る頃には別れを惜しむ友人やお世話になった人がいます。この経験から、積極的に新しいことに挑戦して、人との出会いを大切にしていきたいと強く思いました。

また、その他にも、私は以前まで勉強をあまり好んでやってこなかったのですが、カナダの大学で勉強の楽しさを少しは知ったようなきがします。最初は、授業や課題、テストのために勉強せざる得ないという状態でしたが、次第に勉強をする習慣がついて友達と夜遅くまで勉強するのも楽しいと感じるようになりました。この勉強する習慣を日本に帰ってからも、勉強に励みたいです。勉強という面では、この留学を終えて、言語についての勉強もやりたいと思うようになりました。カナダでは、様々なルーツを持つ人々も英語という一つの言語を介して意思疎通がとれ、英語は人をつなぐ手段であるということや、言葉の重大さを感じました。私は現在4回生なので、日本に戻ったら就職活動が本格的に始まりますが、今後の自分の仕事について考える際に、この留学で学んだことを生かせるような仕事を見つけたいと考えています。

※写真は留学中お世話になった寮の自分の部屋です。

 

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.