龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ハワイ大学マノア校マンスリーレポート

ハワイ大学マノア校

2014年5月号 国際文化学部 Y.T

レポート作成国際文化学部 Y.T

①留学を振り返って

帰国し、半年以上経ちましたがハワイ大学で学んだ1年間は色々なことがあり、思い返しても本当に充実し学ぶこと、得る事の多い1年間でした。初めてハワイ大学へ行った時は一人でキャンパスの広さと活気のあるハワイ大学の学生にただただ圧倒されていました。それが、授業が始まり友人も増えると一緒に図書館で放課後に勉強をしたり、将来の夢や計画について語り合ったりと毎日を濃く楽しく過ごしていました。生まれた国も育ってきた国や環境も全く違う友人らと1年しか過ごしていないのに帰国前には昔からよく知っている幼馴染のように思えるほどの親友になっていました。初めて海外の大学での授業についていくために必死で頑張ることができたのも友人なしではできなかったと思います。留学を振り返ったときに真っ先に思い浮かぶのはそういった友人の存在です。ハワイは世界中でとても人気の観光地で、恵まれた自然と気候でとても過ごしやすいです。ですが、授業のプレゼン前や試験前はハワイにいることを忘れるほどとても忙しく必死に勉強をしていました。寮から歩いて少ししたところにビーチがあっても勉強するときは勉強を全力でしなければやはり授業にはついていけません。勉強をするときは全力で勉強し、遊ぶときは全力で遊ぶためにも日々の生活では切り替えが大事だと感じました。

②留学経験を活かす

留学を終えてから就職活動をし、卒業論文も書き終えました。正直、留学経験がなければ就職活動も卒業論文もうまくいかなかったと思います。それも留学をしたということ自体がアドバンテージになるということではなく、留学に行ってそこで自分なりに色々なことにチャレンジしてきたことで得るものがたくさんあったからです。留学の中でぶつかってきた困難に対して自分なりに工夫をし、体当たりで立ち向かってきたつもりです。その時に身についた立ち向かう姿勢は就職活動にも卒業論文にも活かされたと思います。留学中に発見したことが留学後、自分の人生で何かしらの形で役に立つことは絶対にあると思っています。1年間の留学を経て普通に日本で暮らしているだけでは経験できないこと、発見できないことが多くあります。私は留学中に経験した辛かったことや楽しかったことの中で、どこにいてもぶれずに頑張ることのできる自分を見つけることができ帰国後に困難があっても向き合っていくことができました。卒業後も色々な困難があると思いますが、留学で得た自分を強く持って乗り越えて行こうと思います。

ハワイにいる友人とは今でも頻繁に連絡をとり、色んなことを相談したりしています。こういった友人を得たことが留学での一番の宝物になったと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.