龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ハワイ大学マノア校マンスリーレポート

ハワイ大学マノア校

2012年2月号 法学部 S.T

レポート作成法学部 S.T

今期の授業について

今期からは専攻している学部である、観光学の授業を重点的に受講しています。私の場合は先学期にあまり観光学の授業をとっていなかったので、今期は興味のある授業をできるだけとることにしました。一般的にいう“勉強系”授業は、観光学(TIM)を4つ、経営学(BUS)を1つ、そして日本の大学でいう、“体育系”授業でダンス(MUS)を1つ取っています。こちらの学生の平均受講数は通常4~5クラスなので、6クラス受講していると結構忙しくなります。

・TIM 301: Hospitality Law

このクラスでは観光業界(ホテル、レストラン、航空会社、旅行代理店など)に関わる法律について勉強します。ホテルやレストランの義務や顧客側の持つ権利などを、自分がサービスを受ける側になった際にも役立つことが学べます。先生は観光業界で様々な事例を担当した経験のある現職の弁護士なので、授業に出てくる判例はどれも実際にあった事例やありえそうな話ばかりなので面白いです。やはり専門用語が多く難しいので、初めのうちは毎回の授業についていくのに苦労しますが、授業を重ねることで慣れてきます。クラスでは実際にホテルでインターンをしている学生の体験した話も飛び交います。またハワイ、特に観光客の集まるワイキキ周辺にいると授業で学習した事例とよく似た状況を目の当たりにすることもあり、身近に感じられる教科です。

・TIM 369I: Restaurant Entrepreneurship

レストラン起業についての授業です。レストランを開くには何が必要か、という基本的なところから、どうやって人気メニューが生み出されるのか、リピーターをつくる「いいサービス」には何が必要か、という話まで聴くことができて興味深いです。実際にハワイでレストランを3つ経営している先生なので、授業では彼のレストランや、実際に私たちが訪れたことのあるレストランでのケースを通じて学びます。課題も実践重視なのか、レストランのレビューをレポートとして提出します。レストランのマネージャー(店長やオーナー)にインタビューする機会もあって、他の授業とは違った面白みがあります。

・MUS 312J: Tahitian Enchantment

海外の大学では多くの生徒が勉強系のクラス以外の”Fun Class(=趣味や興味でとるクラス)”を各学期に1~2つとっています。スポーツやヨガ、ダンスのクラス、また文化系では日本の茶華道を習うクラスもあります。私も今期はタヒチアンダンスのクラスを受講しています。タヒチアンはフラダンスよりも動きが速く大きいので、1時間のクラスでも相当な運動量なのでいい運動になります。

 

余暇の過ごし方

週末はFaceBook上で友達が企画したイベントに参加したり、自分からも何かイベントを作って友達と集まったりしています。まだ暗いうちから出発して山頂からみる日の出ハイキングや、オアフ島の西の端までドライブ、友達の誕生日パーティーなど毎週末イベントが絶えません。また私が先学期から所属しているInternational Student Association(ISA)という団体のイベントでのキャンプや、旧正月を祝うランチなどのイベントも企画・参加しました。12月から運動不足解消のためのランニングを始たので、友達と夕食の後や、週末の早朝にビーチやダイアモンドヘッドの近くを走ったりしています。1人でもビーチ沿いや気の向くままに散歩したりしています。留学中は座っている時間も長いため運動不足になってしまうので気分転換のためにも適度な運動が必要です。また1人だと行動範囲も広がらないので、自分から積極的にクラブに参加したりなどして、友達の幅を広げることも大事だと思います。

 

 

私は最近この留学での自分の目標と今の自分について考えています。今学期に入ってから、自分の目標を見失い、そんな自分に対して悔しくて腹が立ってばかりいました。ほんとならこれもあれもできたのに、と過ぎたことを振り返っては後悔ばかりしていました。今でも後悔することはありますが、この留学生活も残すところあと2か月となってしまった今、悩んでいる時間がもったいないとも思います。今私がするべきなのは自分が経験したことを通じて変化したこと、学んだこと、もう一度いい意味で自分を振り返らなきゃいけないんだと思っています。はっきりと目にみえる形として残すことはできないかもしれないけれど、この留学が自分にとってどう価値のある経験なのかとはっきり言葉にできるように残りの2か月を過ごします。

これから留学されるみなさん、あるいは留学生活が始まったばかりのみなさんには、今目標としていること、交換留学志望理由書に書いた自分の素直な気持ちを常日頃からあたまの片隅にとどめて毎日を過ごしてほしいと思います。「楽しかった」で済ますことは本当にもったいないです。もし途中で目標が変わってもそれはそれで切り替えればいいと思います。ただ、そういった自分の変化に敏感に、正直にあってほしいです。私は今ギリギリになってそういう場面に向き合っていますが、気づきが早いほど、きっと自分が本当に求めた目標が達成できるんじゃないかと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.