龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ワルシャワ経済大学マンスリーレポート

ワルシャワ経済大学

2018年6月号 国際学部 E.K

レポート作成国際学部 E.K

この留学を振り返って

振り返ってみれば本当に一瞬だったポーランドでの留学生活。ありきたりな感想かもしれませんが、今回の留学を通してたくさんのことに気づき学ぶことができました。それは学業に関することから生活面に至るまであらゆることに関してです。ポーランドの歴史や文化・人々についてはもちろんのこと、海外にばかりに意識を取られ日本のことを全然理解していなかった自分自身、両親に頼りきりだった日本での生活、もっともっと知るべきことがあると毎日のように痛感する留学生活となりました。また、留学中は日本での生活に比べると、比較的時間に余裕があり自分自身を振り返るための時間を持つことができました。残りの大学生活を通して自分が勉強したいことは何なのか、将来はどこで何をしたいのか、今自分自身がすべきことは何なのか…日本では、目の前のことに必死で気づくことも、考えることもなかった自分自身について分析できたような気がします。

留学前多くの人に「ポーランドってどこにあんの。なんでポーランドなん。」といったことを半笑いで言われ(なぜか)悔しく思う反面、ポーランド留学の良さを全然伝えることができませんでした。ですが留学生活を終えた今、たくさんの良いところを説明できる自信があります笑。なので、留学とは何も英語圏の国に限られたことだけではなく、第3ヶ国語圏にはその国良さがあって、ポーランドは私にとって最高の留学先となりました!

 

 

帰国後どう留学経験を活かす予定か

今年の春で大学3回生となり、本格的に卒業後の進路を考える時期がやってきました。留学前は漠然と「世界で起きている問題、中でも貧困問題を解決したい」という夢だけを持ち、それをどう実現するのかまでは考えることができていませんでした。しかし先ほども述べたように、留学中に自己分析の時間を持つことができ、幸運にも「これだ!」という目標を自分なりに見つけることができました。なので、帰国後はその目標に向かって突っ走りたいと思います。

また、今回の留学を通して知識を増やすことの面白さと重要性も学びました。これまでは自分の興味のある分野にばかり目が行き、政治、経済といった絶対に知っておく必要がある分野に関してほぼ無知でした。その状態がどれだけまずいことかも、留学生活で重々味わい、コツコツとですが知識を増やすことを続けてきました。帰国後も龍谷大学での学び、また後期から参加するゼミでの学習に合わせて、自分から日々貪欲に知識を増やしていきたいです。

 

ワルシャワ経済大学で留学する機会を与えていただき本当にありがとうございました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.