龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ワルシャワ経済大学マンスリーレポート

ワルシャワ経済大学

2015年1月号 経済学部 A.T

レポート作成経済学部A.T

①日本から持ってきて良かったもの

基本的にこちらで買えないものは日本特有のものだけなので、困ることはほとんどありません。

なので、私が持ってきてよかったと思うものは

A、調味料(特にめんつゆ)

B、参考書やレシピ

C、洗濯ネットや除菌・消臭スプレー、カイロ、マスクなどの小物類

です。

A、ポーランドはフランスやスペイン、イギリスなどの有名なヨーロッパ諸国と比べると日本の文化の浸透度が低いので、調味料も醤油、味噌あたりは手に入ってもめんつゆは手に入らないので、自炊をするときにすごく役立ちます。ロンドンに旅行に行った時にインスタントのうどんが売られていて感動して買って、めんつゆでスープを作って食べた時はすごく幸せでした。ポーランドでは、うどんやそばも売られているところを見たことがないです。あと、塩や胡椒などの調味料も1kg以上の大きな単位で売られていることが多いので、シェアしない場合すごい量を買わなくてはいけなくなり使いづらいように感じます。特に必要不可欠というわけではないにしても、あるに越したことはないなと感じました。インスタントのカレーやシチューなどは友人からとても好評でした!

ポーランドの料理やヨーロッパのものも美味しいのですが、やっぱり日本食はいつ食べても美味しいですね。

B、参考書はやはり日本でなければ手に入らないので、必要最低限持ってきておくことをおすすめします。日本にいるときよりも時間に余裕ができるので、効果的に学習ができるのではないかと思います。

私の場合は課題に追われていることのほうが多いので確認程度にしかできていない現状ではありますが、春セメスターではこれまで以上に学習に集中していきたいと考えています。

レシピの本はネットでも調べられますし持ってくる必要はないとは思うのですが、友人にも日本にはこんなのがあるんだよーって一緒に見ても楽しめるので、持ってきて良かったなと思いました。

C、洗濯ネットなどの小物類も日本特有のものが多いので、持ってきておくと便利です。特に貼るタイプと貼らないタイプのカイロをイタリア人の友人に見せたとき、どうしてこんな便利なものがヨーロッパにないの?とすごく驚いていました。独自の開発によるものなんでしょうか、すごくおもしろかったです。あと、マスクもこちらでは着用する習慣がないので基本的に売られているところも見たことがありません。すごく乾燥していて風邪も引きやすい環境なのでよくマスクをつけて寝るのですが、マスクをつけたまま寮内や外を歩くとすごく変わった視線を受けるので、外出はお勧めしません。あくまで自室での利用が良いと思います。

②SGHの留学生

SGHには年間350名以上の留学生が世界各国からやってきます。日本では中国や韓国からの留学生が多いように、やはり多くはヨーロッパ圏の学生で特にドイツやウクライナ、ベラルーシなどの東欧や中欧からの学生が多いです。EU諸国の中でErasmus  Programという協定があり、1セメスターの留学がとても盛んで多くの学生がこのプログラムを通してSGHに留学生として来ています。bachelorだけでなくmasterの学生もErasmus studentとして来られるので、本当に多くの学生がいます。私のルームメイトはフランス人でmasterの学生でした。

ここでは留学生がSGHのポーランド人の学生と同じように授業を受けることが自然で、SNSを通して各クラスの情報交換がされたり、多くのパーティが催されるなどして交流もとても盛んです。龍谷大学でも留学生とのパーティなども多く開催されてるとは思うのですが、こちらの規模の大きさにはいつも驚かされます。

その代わりこのプログラムでは1セメスターのみの留学なので、ほとんどの学生は英語を流暢に話しますし、本格的に勉強のために留学に来ているというよりも異国での生活を楽しむために来ているという雰囲気もあります。そのため稀に不真面目な学生もいます。毎日のようにパーティに参加したり、BarやClubに足を運んだりと人それぞれの楽しみ方があるようです。私の友人は真面目な学生が多かったので、そこまで遊び歩くことはありませんでした。

そして、今の時期になるとテスト期間に入り、早い人はもうすべてのテストやプレゼン、レポートを終え、帰国し始めています。国によりセメスターの始まる時期も異なるので、一番早いところでインドやシンガポールの学生は12月後半~1月前半で帰ってしまい、とても寂しくなりました。1月後半にヨーロッパ圏の学生が帰国し始めるので、今からとても寂しいです。とても仲の良いイタリア人の友人が今週末に帰ってしまうのが今からすごくすごく寂しいです。

2月中旬から春セメスターが始まり、また新しい学生がやってきて新しい生活が始まるので、心機一転しつつ変わらず充実した生活を送りたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいすきな友人たち!

ポイントはみんな私より年下ということですね。

4回生でこちらに来ると、みんな年下です。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.