龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

ヴィリニュス大学マンスリーレポート

ヴィリニュス大学

2018年1月号 国際学部 H.A

レポート作成国際学部 H.A

日本から持ってきてよかったもの

私が持ってきて良かったものは、電子辞書です。携帯の翻訳アプリや辞書なんて使わずに、ひたすら話して英語を上達していくといった勉強法というか、辞書とかアプリとか使わないほうがいいと言われていたりもするかもしれませんが、リーディング課題や、授業でわからない単語はもう山ほど出てきますので、私にとってはなくてはならないです。

ちなみに、12月17日からの週で授業が終わりました。一応、1月はテスト期間とされているのですが、私の場合は1つしかテストがないので、ほかは全部休みですね。2月から春の学期が始まるので、それまでです。テストの日程にもよりますしお金はかかりますが、日本に一時帰国することもできると思います。おそらくクリスマスまでに日本に帰って、日にちが合えば成人式などにも参加できると思います。私はいくつかヨーロッパやリトアニアの別の都市などに旅行にいきます。リトアニアからのヨーロッパ内の旅行は、比較的安価で行くことができます。そのことについても、またこのレポートに書きたいと思います。

 

持ってきたらよかったもの

留学前には必ず、携帯のSIMロック解除をしないといけません。私の場合は、していたつもりができていなくて、SIMカードが入らない状態になっています。リトアニアでは安くSIMカードが買えて、インターネットが使えます。

生活に必要なものは、すべてこちらでそろえられます。携帯の端末も買えます。消耗品のような日常で使うアイテムは必要最低限持ってきて、あとはこちらで買えます。

あと必要なものは、暖かい洋服ですかね。寒さのこともまたこのレポートで書きたいと思いますが、私は暖かくしていれば、案外耐えれるかなと思います。暖かいインナーや重ね着できる軽めのダウンは、持ってきて良かったかなと思います。

ちなみにこちらの古着屋が非常に安く、よく買ってしまいます。服をあまり多くは持ってこなかったのですが、持ってこなかったら良かったと思うものも結構あります。

こちらにないものを持ってくるなら、100円ショップの便利グッズとかですかね。ピンとくる例が思いつきませんが。あとこちらにないものといえば、食べ物ですかね。アジアンマーケットがありますが、あまり日本のものはたくさんありません。調味料やかさばらないインスタントのものを持ってくるのもありなんじゃないですかね。当たり前やろ、と思う方もいるかもしれませんが、食べたらなくなります。

 

 

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.