龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

バレンシア大学マンスリーレポート

バレンシア大学

2014年10月号 政策学部 C.M

レポート作成政策学部C.M

①「valenbisi」(バレンビシ)について    

ここ数年、エコロジー意識からスペインの各都市で公共のレンタル自転車サービスが流行っているそうです。バレンシアは年間300日以上は雨が降らず、冬もかなり温暖な気候だということに加えて、街にほとんど坂がなくスポーツや趣味以外の自転車人口が、他のスペインの都市よりも多いそうです。バレンシアはそれほど大きくない街で、時間があればほとんどの場所に徒歩30分程度で行くことができますが、急ぐときの公共交通機関として、バスや地下鉄以外に自転車という選択肢もあると便利です。しかし、いずれ日本に帰る留学生がわざわざ自転車を購入するとなると、お金や場所、盗難の心配といった様々な問題がでてきます。そこで留学生にオススメなのが、バレンシア市のレンタルサイクルシステム「valenbisi」(バレンビシ)です。

現在市内には276の専用駐輪場があり、約2760台自転車が用意されています。「valenbisi」には長期滞在者向けの12ヶ月パスと短期滞在者あるいは旅行者向けの1週間パスがあります。12ヶ月パスは、26.07€で、サービス開始から30分以内は無料、30〜60分の間は0.52€が30分毎に課金、60分を過ぎると60分毎に2.08€が課金されます。1週間のパスは、12.78€で、サービス開始から30分以内は無料、30〜60分の間は1.04€が30分毎に課金、60分を過ぎると60分毎に3.12€が課金されます。

 

②「valenbisi」(バレンビシ)の登録方法   

12ヶ月乗り放題パスの登録は、valenbisiのウェブサイトから行います。パスには、 Abono de larga duraciónとAbono asociadoと呼ばれる2種類があります。料金も使い方も有効期限も同じですが、すぐに使えるのがAbono asociadoです。これは、バスや地下鉄のカードのMobilisというプラスチック製でチップが内蔵されたカードを、valenbisiのカードとして連携(Asociado)させているため、すぐに使えるのだそうです。このMobilisカードを手に入れるには、キオスコ(kiosco)、エスタンコ(estanco)なので購入可能です。Mobilisカードを入手したら、次はサービスに登録です。登録方法は簡単で、サイトトップページ左上のABONARSEと書いてあるところをクリックして必要な個人情報(名前は必ず大文字)や連携させるMobilisのカード番号(12桁の番号)を入力し、クレジットカードで支払いとなります。

1週間パスは、12ヶ月乗り放題パスとは異なり、valenbisiのレンタル自転車がおいてある駐輪場の機械で直接登録します。1週間の使用料金をクレジットカードで支払い、更に150€のデポジットが必要ですが、デポジットは1週間の期限が過ぎて何の問題もなければ、返金されます。

valenbisiの注意点として、⑴長時間自転車を利用する場合でも、30分以内にvalenbisiの駐輪場を探し、一度駐輪してもう一度自転車をレンタルすれば、無料で乗り続けることができます。⑵自転車専用路か、車道を走ることになります。スペインでは日本のように歩道を走ると、罰金の対象になることがあります。⑶通勤や通学に使用する場合は、最寄りの駐輪場に自転車が無かったり、あるいは満車で駐輪場に自転車を停めるスペースがない場合があります。行動は時間に余裕を持ってすることをオススメします。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.