龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

バレンシア大学マンスリーレポート

バレンシア大学

2011年9月号 経営学部 H.I

レポート作成経営学部 H.I

オリエンテーションについて

バレンシアについて初めにすることは、国際部に行くことです。

私の場合はスペインに行くのが早かったのですぐに受付してもらうことができました。朝一に行けば予約なしでも混んでいることもなさそうです。その時にビザ・授業登録に関するオリエンテーションの場所と時間に関することも言われ、学生証も貰うことができました。

オリエンテーションでは、授業の本登録の時間・場所、日本で登録していた授業の確認の紙・時間割、大学・寮で使うWi-fiのパスワードを貰い、簡単な説明のみでした。

日本と大きく違う所は銀行に自分で登録料を払いに行かなければいけない所です。しかし、ATMでも支払い出来るのでとても簡単です。

解らないことがあれば、便りになりそうな人を見つけて、聞くことが大事だと思います。バレンシアの人はとても親切な人が多いのでどんなことでも解るまで付き合ってくれます。

 

環境について

・語学学校

バレンシア大学に交換留学する学生は付属の語学学校の夏季集中コースに無料で参加出来ます。テストを受け、クラス分けされた授業を受けます。テスト・授業は当然スペイン語で行われるので文法用語は覚えていなければいけないです。

私が一番驚いたことは、同じレベルのはずなのにエラスムスの学生は最初からスペイン語でガンガン質問していることでした。話すスピードもとても早いですし、聞き取り能力も全然違います。その様子を見て焦りを感じることはありますが、焦っても仕方がないのでコツコツと自分のペースで勉強していくしかないと思います。

語学学校に行って一番良かったなと思うことは、他の国の友達がたくさん出来たことです。彼らも他の国から来ているので、観光を一緒にすることも出来ますし、勉強・生活していく面でも同じ様な悩みを抱えていることも多いので、話していてとても楽しいです。

日本は私が思っていたより有名で、日本人だということが解ると色々と質問してきてくれます。そこでできた友達は日本に遊びに来る予定です。

・寮について

寮では2人1部屋・シャワーとトイレは2部屋で共同利用となっています。食事は朝・昼・晩と3食付きです。毎週日曜日にはパエリアが食べられます。味付けも外のレストランと比べて優しいですし、色んな食材が出て来るので飽きないと思います。量もかなりあるのでたくさん食べる学生でも満足出来ると思います。

掃除も掃除のおばさんが2日に一回掃除をしてくれるので、自分で掃除をすることはありません。自分でしなければいけないことは洗濯くらいです。

他にはジム・図書室・ゲームルーム(卓球・ビリヤードなど)・コンピューター室・TVルーム・音楽ルーム(ピアノ)があります。TVルームではサッカー・F1の時などは皆で観戦するのでとても楽しいです。

 

自由テーマ

・ Valenbisi

バレンシアの街を移動するのにとても便利なのが自転車です。自分で自転車を買うのも良いとは思いますが、日本と違いいくつも鍵をかけなければいけなかったりサドルを盗まれたりするので、そういう心配のないValenbisiをおすすめします。Valenbisiとはバレンシア市が運営しているシェア自転車のことです。登録料18€を支払い簡単な登録をするだけで使うことが出来ます。街中に275のステーションがあり、2750台の自転車があるそうです。寮の近くにも2つステーションがあるので大学や、語学学校、地下鉄の駅に移動する時などにとても便利です。ほぼ毎日利用しています。とても良い運動になりますし、時々整備もしてくれているみたいなので快適に使うことができます。バレンシアは日本に比べ雨の日もかなり少ないので美しい街の景色を眺めながらサイクリングするのもとても楽しいです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.