龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

イースト・アングリア大学マンスリーレポート

イースト・アングリア大学

2018年11月号 国際学部 A.O

レポート作成国際学部 A.O

授業紹介

UEAでの留学生は、1セメスターごとに履修できる授業は3つだけです。初めは少なくて逆に心配だったのですが、始まってみると各授業それぞれ内容が濃くて、毎回課題が課される為ついていくのに必死です。

私はコミュニケーション学を専攻していて、私が履修している授業の中にIntercultural Communication in Practiceという授業があるのですが、主に移民問題について扱っていて、地域のボランティア団体に参加したりスペインの大学の生徒とビデオチャットを通して協力し一つのプロジェクトに取り組んだりと、日本にいるときには経験したこともないような内容ばかりでとても新鮮です。またこの授業に関わらずですが、クラスメートがイギリス人ばかりで、プレゼンテーションやクラスの中で発言するときにとても緊張します。現地の生徒は分からないことがあると、相手が教授であろうと生徒であろうとすぐにその場で聞くので、私の発言の中に少しでも理解できない部分があると、良くも悪くも即座に質問されてしまうのでとても刺激になります。

また、私はPPLという学部に所属しているのですが、この学部の生徒は単位に含めずに外国語の授業を取ることができます。そのシステムを利用して私は今スペイン語を学んでいるのですが、ビギナークラスであるにも関わらずクラスメイトのみんなは中学校や高校でスペイン語を学んだことがあるという人たちばかりで、置いてきぼり状態になっています。単位に含まれないということで、テストやプレゼンへの参加は任意なのですが、クラスに少しでもついていけるように日々予習復習を心がけています。

ボランティアの様子。クリスマスの飾りつけの手伝いをしました。


ロンドン観光

11月は特に大きなイベントもなく、重要なテストやプレゼンもあまりなかったので、イギリス留学にきて初めて念願のロンドンに1日だけ観光に行ってきました。学校からロンドンまで大型のバスが出ており、片道2時間ほどでロンドンまで行くことができます。値段も変動はしているものの基本的には往復で£10~15ほどで行くことができます。安い時期だと片道£1のバスがあるらしいという噂を聞いたので、今度はその時期を狙って行きたいなと思っています。近くて安いからこそいつでも行けると思ってしまって今まで渋ってきたのですが、今回ついに行けてよかったです。

ロンドンはさすが大都市というだけあって、1日では到底観光しきれませんでした。今回の観光ではテートモダン博物館とバラマーケットを中心に、買い物も含めて一日中歩き回りました。イギリスでは博物館は基本入場料は無料で、大英博物館の大きさでも無料なので、留学中に色んな博物館やアート展に行きたいなと思います。テートモダンにはピカソやダリやモネなど、アートに疎い自分でも知っているほどの著名な芸術家の作品も展示されていて、ゆっくりまわることができて楽しかったです。バラマーケットはロンドン最大級のフードマーケットと言われるだけあって、人で溢れかえっていましたが、スーパーでは見たことないような食材もあって見てまわるだけで楽しかったです。

←テートモダンにあるピカソの作品 ←タワーブリッジ

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.