龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

モスクワ大学マンスリーレポート

モスクワ大学

2014年5月号 政策学部 H.Y

レポート作成政策学部 H.Y

・治安・危険を感じたこと。トラブルなど。 <治安>  ロシアの治安ですが、私たち日本人が想像しているより、ロシアの治安は良いと思います。ただ日本より治安は悪いので、夜間出歩くことを控えたり、出歩く場合は複数人で出歩くなどが良いと思います。特に治安が悪い所である、地下鉄の中、ターミナル駅の中及びその付近、人通りが少ない道や逆に混んでいる祭りの中などは、昼間でも注意した方が良いです。またロシア人のナショナリズムが高揚する、戦勝記念日などの祝日、スポーツの国際試合がある日、ネオナチの行動が活発になるヒトラー関連の日は出歩くことをお勧めしません。ただ、私や友達は今のところ何も被害にあっていないので、そこまで意識する必要もないかもしれません。 <危険を感じたこと>  ロシアに住んでいると思うことは、人種の多様さです。もちろんロシア人などの白人から、主に出稼ぎで来ている中央アジア人(日本人と似ている人も多い)、その他のアジア人(日本人も含む)、黒人までよく目にします。白人の場合、髪を剃ってスキンヘッドにし、刺青をしている人が集団でいた場合、ネオナチの可能性があるので避けて下さい。またここ数年はほとんど無いようですが、中央アジア人の場合、一方的に暴力を振るわれるなどの事を耳にしました。どちらも夜間が多いようです。 <トラブル>  何かトラブルが起きた場合でも、周りには他大学からのたくさんの日本人留学生や、日本語が上手なロシア人の方々が居るので、その人たちに助けてもらうと良いです。たいていのトラブルはすぐに片付くことが多いと思います。 ・公共交通機関(2) <マルシュルートカ>  乗り合いバスとも呼ばれる、小型のバスのような乗り物です。バスと違う所はそのマルシュルートカの運行路線内なら、どこでも降りることが出来ます。ロシアのバスは定刻通りに来ることは少ないので、こちらを使う方が速いと思います。ただ席が埋まらないと発車をしなかったり、降りると言わなければ停車しないなど、慣れるまでは難しい乗り物だと思います。私が良く利用する区間は、最寄り駅から寮までの間で頻発しているマルシュです。急いでいるとき、少し疲れているときや、荷物がたくさんあるときはよく利用します。 <電車>  ロシアの電車は主に寝台列車などの長距離列車と、郊外へ向かう近郊列車(エリクトリーチカ)に分かれます。この2つでは、切符を買う場所やホームもまったく異なることが多いので、注意して下さい。私もよく間違えました。またロシアの電車が発着する場所はターミナル駅(バグザール)と呼ばれます。モスクワにはこれらのバグザールは9つあり、地下鉄環状線沿いに多くあります。切符は窓口や券売機で買います。ロシアの切符はレシートのようなもので、捨ててしまいそうになりますが、列車運行中に車掌さんが不正乗車をしていないかなどの確認に来るため、無くさないようにして下さい。電車は地下鉄と違い景色を見ることが出来るので、乗っているだけで楽しいと思います。乗って30分もすれば、ロシアの自然を体験できます。電車の時刻表はロシア鉄道のサイトを始め、様々なサイトに載っています。私がよく使っているサイトを載せてみます。長距離列車用(予約も出来ます)→ http://www.russiantrains.com/ 主に近郊列車用→ http://www.tutu.ru/prigorod/

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.