龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リヨン第三大学マンスリーレポート

リヨン第三大学

2018年3月号 国際学部 Y.S

レポート作成director

余暇の過ごし方

フランスに来てからもう8カ月過ぎました。健康のために食事に気をつけ、運動するようにしています。フランスではよく「食べることと運動することは生活の重要な部分である」と言います。

フランスは芸術で名高いと同時に食文化も世界中で有名です。スーパに行くと、果物などが非常に新鮮です。そして自分でオレンジジュースを搾ることができます。スーパの中で健康に有利なものなどのチラシも壁に書いてあります。そしてフランス人はヨーグルトをよく飲みます。スーパーの棚にたくさんの牛乳、ヨーグルトが並んでいます。私もフランスに来てから、ヨーグルトを飲むようにしています。

家庭内の飲食については、フランス人はワインが好きです。今月学校でイベントがあって、ワインの産地へ見学に行きました。ワインは癌などの病気を防ぐための働きがあると言われます。中華料理屋でもフランス人は毎食必ずワイン、お酒などを注文します。私は健康のために、一週間に一回ぐらいプールで泳ぎ、そしてよく果物などを食べます。朝起きると、必ず水を一杯飲みます。

次にフランス人は運動好きです。前にリヨンで自転車の競争会がありました。一番驚いたのは、参加者の中に60歳以上の人がたくさんいました。毎日川沿いで歩くときは、走る人の姿をよく見かけました。私も時間のある時はときどき歩いて大学へ行きます。最近は友達と約束をして、プールへ行きます。健康的に生活をしているので、気持ちもいいです。あとフランス人は休暇などを利用して、よく田舎へ散歩にいきます。非常にいい生活の仕方だと思います。

フランス人の健康法などは、まだ時間をかけていろいろと発見したいと思います。これからもフランスで元気よく生活をしていきたいと思います。

 

スペイン旅行の1日目

ちょうど最近大学では春休みになって、一週間ぐらいでスペインへの旅行を計画しました。インターネットで往復の切符を予約すると意外に安くて、50ユーロくらいです。飛行機に乗って、大体1時間でBarcelonaの空港に到着しました。空港で友達を待って、喫茶店で昼食を食べました。サンドイッチですが、マヨネーズプラス焼き肉のソースがかかっていて、スペインの食べ物は非常に美味しいです。

その後は宿へ行きました。泊まるところが清潔で、とても気に入りました。大体夜の7時くらいに晩ご飯を食べに行きました。驚いたことに、レストランには一人も人が居ませんでした。友達によると、スペイン人は夜の10時頃から夕食を食べて、2時に寝るそうです。私にはできません。Sea Foodを注文しました。初めて海鮮料理を食べるので不安でしたが、食べてみると口に合いました。ビールも何本も飲みました。値段がフランスの料理より安くて、大体15ユーロでSea Foodを食べることが出来ました。ご飯を食べてから、少し疲れたので宿に帰りました。ちなみに、宿のスペイン人が非常に親切で、翌日観光したい場所を伝えると、いろいろアドバイスをくれました。スペイン人はフランス人と同じで、喫茶店でコーヒーを飲む習慣があります。私もヨーロッパに行ってから、コーヒーが好きになりました。

夜寝る前には、日本語教育の本を読んでから、大学院の入試の準備もあるので少しずつ勉強しなければいけません。翌日が楽しみです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.