龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リヨン第三大学マンスリーレポート

リヨン第三大学

2018年1月号 法学部 Y.K

レポート作成法学部 Y.K

①日本から持ってきてよかったもの

おそらくほとんどの方と被ってしまいますが、自分なりの持ってきてよかったものベスト3、そしてその他もろもろを書いていきます。

1位:菜箸・箸
やっぱり日本人なので、料理をするにもごはんを食べるにも、箸があるだけで全然食の楽さが違います。
箸は高いですが、買おうと思えば買えます。ただ菜箸は見つからないので、料理をする際に必要だと感じるのであれば持ってくるべきです。
他にもお弁当箱も、こちらにも売ってますがもし持っているのであればあると非常に便利です(作り置きにも使えますし、もちろんお弁当としても◎)
フランスはとにかく物価が高いです。ですので、日本の100均などで手に入るものは持ってくると出費が少なくて済むと思います

2位:辞書(紙辞書・電子辞書)
辞書については紙辞書と電子辞書の両方を持参しました。
(私の場合紙辞書は友人から譲っていただきましたが)
こちらにもJaponais-Françaisの辞書はありますが、やはり使い慣れたもの、そして日本製の方が詳しいので、持ってきてよかったと感じました。
パリにあるジュンク堂で買うこともできますが結構高かったと記憶しています。
電子辞書のみでも生きていけますが、電子辞書というもの自体海外にあまり普及されていないため、テストへの持ち込みが禁止の場合もあります。
ですので紙辞書は必要ですが、日ごろの学習では電子辞書が圧倒的に便利なので、両方持ってきて正解でした。

3位:文房具(日本製のもの・手帳やボールペンなど)
日本でお気に入りの文房具がある場合は、必ず替え芯なども含めたくさん持ってくるといいと思います。
こちらにきてとにかくペンの書き心地は大事だと感じました(日本のペンの書き心地は世界一だと思います…)。
私は基本的にボールペンで勉強をするのでジェットストリームの替え芯を大量に持ってきました。
(それでも足りない分は友人に郵便で送っていただきました)
ノートや手帳は、日本のものを使い慣れていると、こちらのノートはすべて線が濃かったり多かったりするので、書きづらいと感じました。
無印でも手に入りますが、少しでも持ってきていると安心です。

以上が個人的持ってきてよかったものベスト3です。
他にもヒートテック(ユニクロあるけど高いです)、パソコン(就活やレポート、あとノートテイクなどに使えます)、小さい財布(大きい財布は撮られやすいです)、コート(季節がすぐに変わります)などなどありますが、荷物の関係もあるので、自分が必要だと感じたものをしっかり持ってくるべきだと感じました。
薬品系は、自分自身頭痛がひどいタイプなのでイブを4箱程度、風邪薬なども含めたくさん持ってきました。市販のものなので友人が風邪をひいたときなどに分け合えるのであると安心です。

 

 

②ノエルやお正月について

以前の派遣者の記事と被ることも多くありますが、ノエルについて書きます。
ノエルは、基本的には日本のお正月のようなもので、基本的には家族と過ごします。そのため多くの学生が帰省します(街の人口が減ったように感じました)。
クリスマスイブは日本人の友人が多く集まる鍋パーティでした。日本食がちょうど恋しくなっていたころで、お米や白菜、エノキなどを食べて元気になった気がします。
フランスでの生活に慣れてきたころでしたが、多くのストレスもたまってくる季節だったので、日本人の友人とのパーティは懐かしい感じもあり、ストレスが軽減された気がします!

クリスマス当日はスペイン人の友人のコロカシオン(シェアハウス)で行われるパーティに行きました。
ラザニアやワイン、チョコレートのデザートなどを食べながら、楽しく話しながら過ごしました。食事を楽しみながらフランス語を話すということは、あまりなく(飲み会とは少し違う感じがしました)、とてもまったりとしたクリスマスとなり、楽しかったです。終わりには映画を見ました。
お正月も同じ家でパーティをしました。スペイン風の年越し(ぶどうを12個、0時過ぎた瞬間に食べる)とか、ロシア風の紙に願いことを書いて燃やす→シャンパンに入れて飲む(飲みきれなかった)、イタリアのお正月のお菓子など、様々な国の方が集まっていたので、たくさんの異文化を経験できました。

 

 

この時期になるとマルシェドノエル(クリスマスマーケット)も始まります。フランスらしい小物やVinchaud(ホットワイン)がマルシェに並びます。
ストラスブールに行ったので、そのときの写真です。ストラスブールはドイツに近く、クリスマスマーケットは大変盛り上がっていました。
リヨンにももちろんクリスマスマーケットはありましたし、楽しかったです。

クリスマスのときの食事です。普段食べないようなものも多く、おいしかったですし、楽しかったです!

年越しの写真です。これはテレビをプロジェクターで見ています。
カウントダウンを見ながら、スペイン風のぶどうを12個食べるという年越し(1秒に1個で結構つらかったです)を行いました。
開けた瞬間にみんな(20人くらい)とビズを行います。が、一日でこんなにもビズをすることはないのでびっくりしました。

 

 

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.