龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リヨン第三大学マンスリーレポート

リヨン第三大学

2017年5月号 国際文化学部 G.N

レポート作成国際文化学部 G.N

・この留学を振り返って

まず、留学をしたいと思ったきっかけの一つにヨーロッパでの生活を通してヨーロッパの文化を感じたいという曖昧な動機がありました。その点については少しは実感できたかと思います。自分が思っていた以上に自分は固定観念に縛られていたんだとわかりました。そして、この9か月間ほどで物事の見方がフラットになったと思っています。もちろん、自分の嫌なものにはマイナスのイメージが憑きまわりますが、それはおそらく留学は関係ないでしょう。また、国内外を旅行することで、少しですが他国との比較、また国内の他地域との比較もできたので良かったです。

 

そして、フランス語ですが、途中で一度諦めたくなるくらい嫌になったことがありますが、それでも親切な友達が教えてくれたり、拙いフランス語を聞いてくれるので思っていたよりは伸びたと思います。ダラけてしまう性格なので、もっともっと頑張れることもあったのはずですが、それでも、個人的には良い経験ができたと思います。

 

また、一人暮らしが初めてだったこともあり、最初は不安でしたがそれも良い経験になったと思います。時間に余裕がありすぎたため、いろいろなことを考えることもできました。多くのフランス人、日本人学生と会えたことも良かったですし、学生以外の人とも知り合えて、面白い話も聞くことができますし、トータルで見れば留学をして良かったと思います。ただ、親には迷惑をかけたので親がどう思っているかはわかりませんが。

残りの滞在が1か月ほどですが、これからのビッグイベントは電気の解約でしょうか。それが今一番の不安です。おそらく誰かに手伝ってもらいますが、無事に終わるように祈りたいです。

 

・帰国後どう留学経験を活かす予定か

帰国後については正直まだはっきりしていません。留学中に色々と考えていましたが、就活の準備も全くしていないし、おそらく卒業の時期を遅らせますがそれもまだハッキリ決めていません。ただ、とりあえずは学びたいことを学び、バイトなりなんなりをしていきたいと思います。そして近い将来としてはフランスに戻ってくるか、他の国に行きたいと思っています。フランス系企業に入れれば簡単な話ですが、そんな能力はないのでおそらくワーキングホリデーを使うことになると思います。ただこの考えもどうなるか分かりません。人間という生物は意志が弱いものですから(強い人もいますが)。

もっと長期的に見れば、フランス語を使った仕事に就きたいという思いは心のどこかにずっとあります。ですが、あいにく「〇〇をしたい」という意志がないので、もしかしたらそれを始めることが最優先なのかもしれません。留学経験を今後の人生で活かせるかどうかなんてわかりませんが、活かせるような道に進めば、それが自分のやりたいことかもしれないので、そうなるように望みます。

最後にリヨンを象徴する二つの写真を

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.