龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リヨン第三大学マンスリーレポート

リヨン第三大学

2015年3月号 国際文化学部 A.T

レポート作成国際文化学部A.T

◎余暇の過ごし方について

留学に来ている間にバカンスは全部で5回あります。

1回目は10月の末頃、2回目は12月半ばから1月上旬まで、3回目は2月半ば、4回目は4月半ば、そして最後の5回目は4月の末から8月もしくは9月まであります。

5回目の長期バカンス以外は、だいたい1~2週間ほどです。なので、ほとんどの人はフランス国内もしくは海外に旅行に出かけています。

 

私は、10月末のバカンスでパリ・ロンドンに行き、12月のバカンスでイタリアに行きました。今回は12月のバカンスでのイタリア旅行について紹介します。

 

イタリアへはヨーロッパ間のみの航空会社「easy Jet 」を利用しました。

リヨンのサンテグジュペリ空港からイタリアのベネチア空港行きが出ていたので乗り換えせずに行けました。

 

イタリア旅行はイタリア人の友人が彼女の家に招いてくれたので、空港から彼女の家までの交通手段(バスやタクシー等)、宿泊先の予約は必要ありませんでした。四日間イタリアで日本語を一切話さない旅行に対して最初は苦痛に感じませんでしたが、3日目から当たり前のことですが、イタリア語しか聞こえてこず理解できないことでストレスを感じました。彼女の友人と過ごすこともありましたが、私はイタリア語が話せず、彼女の友人はフランス語が話せないので、自分が話したいと思っても言葉にできず、そのことがすごく辛かったです。話すときは毎回友人に通訳してもらっていました。なので、彼女が他の人と話している時はなにも話すことはできませんでした。

 

苦痛はありましたが、日本語を話しても通じない環境がこの旅行が初めてだったのですごくいい経験になりました。いつもの生活以上に伝わらないことがあってすごく苦しい思いもしましたが、彼女と四日間ずっといて、フランス語でしか会話しなかったことで私のフランス語は少し伸びたなと実感できました。

 

◎交通手段について

 

今回はどこか旅行に行く際私が利用している交通機関について紹介します。

リヨン出発で国内を旅行する場合、私が利用するのは「TGV」もしくは「ter」という電車です。リヨンで大きい駅は「Part Dieu 」と「Perrache」の二つでこの他にも小さな駅もあります。チケットはネットもしくは駅内で購入することができますが、事前にネットでとっておいた方が安くで購入できます。

 

次に国外へ旅行する際、私は「easy Jet」という格安航空会社を利用しています。

行く場所や時期によりますが、場合によっては電車で行くよりも安い時があります。

短時間なので食事サービスなどはありません。お金を払うと飲み物や食べ物・香水などのお土産などが機内で購入できます。

 

この他にも「iDBUS」というバスもあります。このバス停はリヨンではPerrahe駅の近くになります。wi-fiがついていて便利なので、次パリに行く際、利用する予定です。

先ほど紹介した「TGV」などの電車よりも少し安いので次回パリまではこのバスを利用することに決めました。

 

リヨン内での交通機関も栄えていますが、旅行するにも便利な交通機関がたくさんあります。リヨンでの残り少ない滞在期間、これらの交通機関を利用していろいろなところに行きたいと思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.