龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リヨン第三大学マンスリーレポート

リヨン第三大学

2014年5月号 国際文化学部 K.K

レポート作成国際文化学部 K.K

この留学を振り返って

留学をするということはその国のことを知る以上に自分の国、自分の育ってきた環境を知り、自分自身を見つめ直す機会になるのだと留学を終えた今強く思います。渡仏する前はフランスのことを知りたい、異文化に触れたいという気持ちでいました。もちろんそれは留学してからもずっと変わらず、日本とは違った文化や考え方に触れる度に「フランスとはどういう国なのだろう」と考え続けました。しかし結局フランスがどういう国なのかはっきりと知ることはできませんでした。フランスの街を歩いていると白人、黒人、アジア人、イスラム系など様々な人がいます。それと同じでフランスという国にはいろいろな面があって、一般的なイメージ通りの華やかな文化も治安の悪い汚い町並みも至る所で遭遇する物乞いもすべて含めてフランスなんだと思いました。わたしはそういったフランスの今まで知らなかった面に出会うと自然と日本や日本人と比べていました。20年以上暮らしてきた日本にも自分には見えていなかった部分、気付かなかったところがあることが分かりました。今回留学をしてわたしが見ることのできた部分はほんの一部で、まだまだ知らないフランスがあると思います。それらを全て知りたいというよりは、「フランスとはこういう国だ」「フランス人とはこういう人だ」という固定観念を自分の中に作らないようにしたいと思いました。これからもどんどん知らない文化に触れて、自分の世界を良い意味で壊していきたいです。

帰国後どう留学経験を活かす予定か

上で書いたことと繋がってきますが、今回の留学を通じてわたしは自分の日常や常識と異なるものに触れることで返って自分自身や自分のいる環境などを顧みることができました。これは日本と世界という大きなスケールのことでなくても、例えば自分と他者の間にも通じることだと思います。自分とは異質なもの、自分とは違う考え方を柔軟に受け入れて成長することは今後の人生で役に立つと思います。

今のところフランス語を使う職業に就きたいとは考えていません。留学中に日本と異文化を比較することで今まで気がつかなかった日本のよさに目が向くようになり、日本の文化や魅力を伝える仕事に就きたいと思うようになりました。留学で得たフランス人の友達もいるので、フランス語は続けます。自分のすきな仏文学やフランス映画への理解は以前より深まったのかなと思います。

最後に

留学中つらいこともたくさんあるし、正直最後の2ヶ月くらいは早く日本に帰りたくて仕方が無かったです。けれど、帰国前夜にリヨン市内が一望できる丘に登った時に初めて心から留学してよかったと思うことができました。これから留学する人は不安も多いと思いますが必ず自分の成長に繋がるので信じてがんばってください!

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.