龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リヨン第三大学マンスリーレポート

リヨン第三大学

2014年4月号 国際文化学部 K.K

レポート作成国際文化学部 K.K

授業について

わたしが取っていた授業で印象に残っているものを取り上げて書きます。

Culture Francaise

これは留学生必修の授業です。内容はざっくり言うとフランス文化について色々な面から学びましょうというものです。歴史、地理、政治等の難しい内容から芸術、エンターテイメントといった華やかなものまで勉強します。授業中にレジュメを見ながら話を聞いている時は自分の知らないフランス文化に触れることができて楽しいのですが、テスト前はとても大変でした。例えば、歴史の分野で言うと、日本語での試験でも、人名や年号等を覚えるために苦労しますが、その上それがフランス語で行われるので覚えることが多いです。テストは選択形式でしたが、正確に覚えていないと解けない問題ばかりでした。
Grammaire Anglaise
これは英語学科の英文法の授業ですが、フランス語で英文法を学ぶのでとても参考になりました。わたしはフランス語の学習をする時に英語の例文を元に考えたり、英文と比較したりすることがあります。なので英文法の授業ではありますが、仏文法の勉強になると思います。問題の解答も説明も全て口頭でフランス語で言われるので付いて行くのが大変でした。

自由テーマ

フランスには日本でもよく見かける企業やお店がたくさんあります。今回はそのうちのいくつかを紹介します。
<マクドナルド>外国のマクドナルドはサイズが大きいという話を聞いたことがありますが、フランスでは日本のものとそれほどサイズに差はないと思いました。メニューも大体日本と同じで、ポテトにフレンチフライ用のソースが付くくらいでしょうか。一番の違いとしては、マックの中にカフェがあることです。日本でもマックカフェを実施している店舗がありますが、フランスのものはさらに本格的で、コーヒー等の飲み物だけでなく、特にパンやデザートに力を入れています。マクドナルドの中でクロワッサンやフォンダンショコラが食べられるのはさすがカフェ文化の国フランスです。
<無印良品>無印良品は現在フランスに13店舗あり、そのうちの1つがリヨン市内にあります。商品はどれも日本の無印良品に置いてあるものと同じでしたが価格はかなり高かったです。また、食品は全く扱っていませんでした。
<ユニクロ>
現在フランスに6店舗あり、2009年にグローバル旗艦店としてできた「パリ オペラ店」は650坪もの売り場があるそうです。わたしは「パリ マレ店」に行きました。マレ地区は最新のブティックやセレクトショップなどが立ち並ぶおしゃれな若者に人気の地区で、その中に見覚えのあるユニクロの看板が見えた時はなんとなく変な感じがしました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.