龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リヨン第三大学マンスリーレポート

リヨン第三大学

2013年3月号 国際文化学部 Y.H 

レポート作成国際文化学部 Y.H

日本から持ってきたら良かったと思うものについて

過去の先輩方も書かれているので何年分か遡って、マンスリーレポートを読んでもらったら、何が必要かなどは分かってもらえると思います。個人的にはパソコン、文法書、薬は持ってきた方が良いと思います。

<パソコン>長期留学をする人はほぼ全員がパソコンを持ってきていると思います。ただ、大きいと持ってくるときに大変だったという意見も聞きます。しかし、反対に小さすぎるとすぐに容量がいっぱいになってしまったというような意見も聞きました。留学中は沢山写真も撮ると思うのである程度の容量があるパソコンの方が良いかも知れません。

<文法書>私は日本にいるとき一切文法書を読んだことがなく、必要性もあまり感じていませんでした。しかし、フランスに来て、文法の基礎が全然固まっていないことが分かり、親に頼んで送ってもらうことにしました。しかし、親はどの文法書で良いのか分からず困っていたので、まだ買っていない人がいたら、今のうちに自分に合う文法書を1つ持っておくのも良いと思います。

<薬>フランスの薬は日本人には強すぎるとよく聞くので持参する人が殆どだと思います。それにやはり使い慣れているものの方が安心できると思うので。私はアレルギーがあるので病院で処方してもらった薬を持ってきました。しかし、日本では全然風邪などをひかなかったので正直実感が湧かず、何が必要なのか分かりませんでした。フランスに来てからも殆ど服用していません。でも、飲み薬ばかり持ってきて、うがい薬や塗り薬を持ってこなかったので、日常生活では後者の方が怪我した時や火傷した時などに必要だったので持ってきた方が良かったなと思いました。

 

現地の学生・友人について

フランス人は本当に勉強熱心です。人によりますが、普段の授業でもとても真剣にノートを書いているように思います。フランスの先生はレジュメを印刷して配ったり、パワーポイントなどを映して説明したりすることがあまりありません。なので、先生が説明していることを聞き取って書かなければいけないので自然と真剣になるのかもしれません。また、日本では大学を卒業したらすぐに就職する人が殆どですが、フランスでは卒業してから(卒業しない場合もある)、また違うことを勉強したいと思って、違う大学や学部に再び入学する人も珍しくありません。なので学年は1年生なのに年齢は25歳といったような学生も結構います。日本人の感覚からすれば珍しいことですが、フランスでは普通のことのようです。むしろ、就職することの方が難しいとも聞きました。

他国の学生の共通言語は基本的には英語なので、フランス人以外の友達を作るのは私にとってはとても難しいです。それに、他国の留学生と出会える機会が少ないからです。でも、FLEではレベル別にクラスが分けられているので、比較的話しやすいです。それでも欧米の学生は同じクラスとは思えないほど喋ることが出来るので、縮こまってしまうことも多々あります。意識していても、日本人同士で固まってしまうのが現状です。けど、何人かは話せる子がいるので、話しかけるようにしています。その子たちと話していると中国など近隣国なのに文化が違ったり、イギリスなのに文化が似ていたりと色々な発見があるので面白いなと思います。

 

DELFについて

フランス語の能力試験として仏検やDELFなどがあるのは皆知っていると思います。

今回はDELFについて書こうと思います。DELFは仏検に比べて日本ではあまりメジャーではないように思いますが、世界的にみると仏検よりも資格として受け入れらていて、フランスの大学に入る上で基準になったりもしています。

日本ではDELFも仏検と同様に年に2回しか試験が行われません。しかし、フランスでは2ヶ月に1回など結構な頻度で行われていることが分かりました。受ける機会が増えるということはその分、チャンスも広がるのではないかと思います。レベルによって異なりますが、受験料は日本で受けるよりはるかにリーズナブルだと思います。

また、私は試験をリヨン・カトリック大学というところで受けましたが、リヨンでは他の場所でも行われているそうです。リヨン・カトリック大学で受ける場合、申し込み方法としては直接、リヨン・カトリック大学のSecretariatに行くか、ネットで申し込むかの二通りがありました。私は不安だったので直接大学に行って申し込みをしました。申し込みは必要事項を指定された紙に記入するだけと至って簡単でした。それにリヨン・カトリック大学は語学学校も併設されていて、申し込みや試験を担当するのは語学学校の先生たちなので、留学生の対応にも慣れておられることもあり、とても丁寧で親切でした。しかし、直接申し込みに行く場合は時間がとても限られているのでその点には注意しておいた方が良いと思います。

まだ結果は分かっていませんが、目標を立てて、何かに取り組むことは大切だと実感できたので受けてみて良かったなと思いました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.